数年前から大流行を懸念されている鳥インフルエンザ。

今年3月には、中国で人に感染し死者も出ています。

1x1.trans 鳥インフルエンザ最新情報と症状!すぐにできる4つの予防法!!

中国って海があるとはいえ、日本の隣国ですよね・・・
いつ日本に入ってもおかしくないとも言うことができます。

 

いたずらに怖がる必要はありませんが、きちんと
対策を知っておくことは大切ですよね。

 

スポンサードリンク

今現在の情報は? どんな症状?

 

現在までに、中国の上海市,北京市,安徽省,江蘇省,浙江省,
江西省,河南省,湖南省,山東省,福建省,河北省,広東省などで
136て人の感染者がでており、43名の方が亡くなられているようです。

 

型名は「鳥インフルエンザA(H7N9)というものです。

 

すでに、人からの感染もあったという情報も入っており
予断を許さない状況となっているのは確かです。

 

中国という国で起こっていることだけに、
今後どうなっていくのか予測が難しいと言えます。

1x1.trans 鳥インフルエンザ最新情報と症状!すぐにできる4つの予防法!!

 

感染した時の症状としては、息切れや鼻水、高い熱、咳、
さらに肺炎を引き起こすことが多いみたいですね。

 

誰でもできる4つの予防法

 

では、どうやって予防していけばいいのか
という点が気になりますよね。

 

この記事では誰にでもできる4つの予防法について取り上げます。

 

まず一つ目は、マスクです。

 

インフルエンザ対策では、欠かせないアイテムですよね。

 

でも、以前に新型インフルエンザが流行った時のことを覚えておられますか?

 

このとき、ほとんどの店頭からマスクが消えてしまい
入手困難になってしまいましたよね。

 

つまり、ことが起きてから用意するのでは遅いということです。

 

今のうちに、用意しておくのは賢いことです。

 

使い捨てマスクが衛生的にもおすすめです。

 

2つ目の予防法は、手荒いです。

 

これも基本的なことなので、言われなくても分かる
って思われるかも知れませんが、実は結構盲点があるのです。

 

それは、外出中です。

 

よく、家に帰ったら、手荒いうがいをするようにと言われますが、
外出中も同じように気をつけていないといけません。

 

たとえば、外食をするときはどうですか?

 

レストランで、薬用せっけんなどできちんと手を洗って
食事をされている方はどのくらいおられるでしょうか。

 

手を洗ったとしても、水だけで洗うということも多いと思います。

 

ここで役立つのが、携帯用アルコールジェルです。

1x1.trans 鳥インフルエンザ最新情報と症状!すぐにできる4つの予防法!!

簡単にバッグやポケットにも忍ばせておくことができますし、
すぐに乾くのでとっても使いやすいです。

 

席を立たなくてもその場でできますから、
私のような面倒くさがりの人にもばっちりですw

 

意外に盲点な外出中にもしっかりと手を洗って予防していきましょう。

 

3つ目の予防法は、他のインフルエンザにかからないようにするということです。

 

??と思われるかも知れませんが、これには理由があります。

 

鳥インフルエンザは、他のインフルエンザと違って
高い温度の方が増殖しやすいのだそうです。

 

鳥の体温って人間よりもかなり高いですもんね。
(41から42度くらいでしょうか)

 

なので、普通のインフルエンザにかかって高熱を出している時が危ないのです。

 

ですから、普通のインフルエンザに関しても
きちんと予防をしていきましょう。

 

ワクチンなどを打つのもいいですね。

 

そうすれば、かなりの程度感染の危険を減らすことにつながります。
1x1.trans 鳥インフルエンザ最新情報と症状!すぐにできる4つの予防法!!
最後4つ目の予防法は、最新の情報について知っておくということです。

 

たとえば旅行に行く計画を立てようとするときなども
今現在どの国や地域で鳥インフルエンザが流行っているのか
という情報があれば、その場所を避けることができます。

 

また、最新情報の中には、新たに有効性が証明された予防法や
ワクチンなども紹介されていることもあります。

 

そうした情報にしっかりと付いて行って、
自分や家族を脅威から守っていくようにしましょう。

 

まとめ

 

1x1.trans 鳥インフルエンザ最新情報と症状!すぐにできる4つの予防法!!

鳥インフルエンザの脅威から身を守るための予防法をまとめてみると、

 

・ マスクを今のうちから用紙しておく
・ 外出中にもアルコールジェルを携帯し手洗いをする
・ 他のインフルエンザにかからないよう注意する
・ 最新情報に精通しておく

 

以上4つの点を実践していき、これからに備えておくことにしましょう。