24日に放送された「私の何がイケないの?」で、元プロ野球選手の角盈男さんが、前立腺がんの最新治療法を紹介されました。

 

角さんは今年6月に前立腺がんであることを告白されました。
前立腺の3分の1が、がんに覆われていて、5年生存率が47パーセントだったそうです。

 

スポンサードリンク

 

治療法

 

前立腺がんには・放射線療法・手術療法・ホルモン療法が使われますが、
角さんは放射線療法の一つである“重粒子線治療”を選択されました。

 

しかし、それに備えて行われる“ホルモン療法”があわず、治療を断念されたそうです。

 

ホルモン療法をはじめて3ヶ月頃から、夜中の1時に天ぷらをむさぼり食うくらい食欲が抑えられなくなったり、怒りっぽくなったり、大量の汗をかいたり、常に眠気に襲われたりと、副作用がすごかったそうです・・

 

ホルモンバランスって大切なんですねー

 

それで、治療を“トモセラピー”に変更されたそうです。

 

トモセラピーとは?

 

これも、がんの放射線治療装置の一つです。
日本には43台しかなく、一台21億円するそうです!

 

その治療法のメリットとしては、

・普通の放射線治療は一方向からだけ照射するので、いい細胞までダメージを受けるというデメリットがありました。
しかしこの機会は、360度からがん細胞だけをピンポイントで照射するそうです!
・治療時間の短縮
最初に行った“重粒子線治療”は2年の治療といわれていました。しかし、トモセラピーは1ヶ月15回だけです。
・痛みは全くなく、寝てるだけ
角さんも治療中は爆睡されてました・・
・事前準備のホルモン療法は必要ない
副作用で合わなかった角さんにはぴったりの治療法でした。

 

治療費

 

21億円の機械なので、金額もおそろしいのかと想像しますよね・・

 

普通は230万かかるそうですが、角さんはがん保険のおかげで0円だったそうです!!

 

ちなみに“重粒子線治療”は約300万円だそうです。

 

スポンサードリンク

 

効果

 

なんと、トモセラピーにより、10億個あったがん細胞が1個以下になりました!!

 

転移も見つかりませんでした!

 

95パーセントの確立で完治するともいわれています!

 

しかし、完全にがん細胞が消えたわけではないので、2ヶ月に一度は血液検査をしていかれるそうです。

 

すごいですねートモセラピー!

 

寝てる間にがん細胞を殺してくれ、つらい副作用もないなら最高ですね!

 

あとは保険に入っておくだけ・・

がんには様々な治療法がありますが、自分にあった治療法を見つけることが大切ですね!!

 

何はともあれ、角さんこれからもお大事に!!