炭水化物ダイエット」と言っても
実際に食べてはいけないもの食べていいものは結局何なのか…
悩んじゃいますよね・・。

 

 

まず炭水化物ダイエットと言っても、炭水化物の接種は
人間の体に必要なことであって、極端に制限したり、
完全に炭水化物を取らないというのはおすすめしません。

 

是非、無理のない仕方でこのダイエットを行ってほしいと思います。

 

スポンサードリンク

 

上手に行っていけば、このダイエットは
かなり短期間で成果の上がる方法と言われています。

 

⇒ 炭水化物ダイエットの驚くべく危険性。。。

 

では、まず食べてはいけないもの(食べる量を制限すべきもの)
について見ていきましょう。

 

食べてはいけないもの

 

ここでは「食べてはいけないもの」と書いていますが、
絶対にダメというわけではなく、量を調整する必要のある
食品ということですので誤解しないでくださいね。
 

これを極端にやりすぎると、健康上にも美容の面でも
かなり悪影響をもたらすことになってしまいますので・・・

 

基本的には、糖質がたくさん含まれている食品
接種をなるべく控えるという考え方です。

 

たとえば、

パン(菓子パンなどは特に×)、米、もち、天ぷら(衣がNG)、
ラーメン、うどん、パスタ、ケーキ、ドーナツ、
ポテトチップス等のスナック菓子・・・

などがあります。

 

これらは、炭水化物、糖質がかなり含まれている食品と言えます。

 

しかも、これらは油をかなり使っている食品でもあります。

 

ドーナツも女性にかなり人気のお菓子ですが、
某ドーナツ店に勤めていた身内の話でも、
一番オーソドックスに見えるヘルシーそうなドーナツに、
実はびっくりするくらいの油を使っていると聞いたこともあります。

 

カロリーの高さも相当なものになるでしょうね…。

 

もちろんこれらをまったく食べてはいけないというわけではなく、
食べる量と時間帯をコントロールしていく必要があるわけです。

 

カロリーの高い食品を食べたい時、どの時間帯に食べるのが
一番良いのか
については、こちらの記事でも説明していますので、
参照してみてください。  ↓↓

⇒ 一番太りにくい時間帯はいつ?

 

では、比較的糖質の少ない、「食べてもいい」もの
にはどんなものが含まれているのでしょうか。

 

食べてもいいもの

 
 
豆類(豆腐もgood)、野菜類(根野菜は糖質が高いものもあるので注意)
玄米、そば、全粒粉のパンやパスタ、ヒレ肉やササミ等の脂肪分の少ない肉類、
こんにゃく、キノコ類・・・

 
 

これらの食品に関しては、もちろん摂りすぎは良くありませんが
あまり気を使わずに食すことのできるものであると言えるでしょう。

 

低炭水化物ダイエットのコツ

 

炭水化物ダイエットだけでなく、ダイエット全般に言えることとして、
大切なのは「不要なストレスを溜めない」ということです。

 

ストレスを溜めてしまうと、最終的にはそれが
「リバウンド」の原因となってしまうことが多いからです。

 

糖質に気を遣いながらも、おいしく食事を楽しみながら
炭水化物ダイエットを進めていきましょう。

 

時には失敗して食べすぎることがあるかもしれませんが、
それはそれで、OKとしてまた頑張れば良いのです。

 

スポンサードリンク

 

そして、特に夜に糖質の制限を行うようにすると
最も効果的と言えます。

 

できれば、9時までには食事を済ませて早く就寝するように心掛けましょう。
遅くまで起きてると、何か食べたくなっちゃいますからねw

 

夜食のラーメンなんて最悪ですよw

 

でも、朝と昼には普通に食べてもあまり大きな影響はないようです。
・・と言ってもある程度は糖質にも気を使ってくださいね。

 

あとは、少しの運動も心がけていきましょう。
痩せるためには、摂取したカロリーを消費する必要があります。

 

そのためには、定期的な運動も欠かせません。

 

これらをバランスよく続けていって、是非今年の夏は、
周囲をびっくりさせるような体を手に入れてください^^

 

⇒ かなり評判の大根ダイエット 食べてもいいダイエット?

⇒ 毎日忙しくても簡単にできる運動は?