ヤンキースに入団した田中将大選手が
ついに渡米しましたね。

 

先日は、ヤンキースタジアムで入団会見も
終えてついに始動開始といったところでしょうか。

 

1x1.trans 田中将大 ヤンキースでの税金が・・・マー君への海外の反応も…

 

今年のヤンキースからは目が離せないですね。

 

スポンサードリンク

 

田中将大の先発予想とヤンキースの
試合日程についてはこちらからご覧ください ↓

 

⇒ 田中将大 ヤンキース4月の試合日程

 

 

ご存知の通り、今回の田中将大選手の年棒は
すごいことになってますね。

 

 

7年間でおよそ162億円という計算になるようです。

 

 

まあ、そのくらいもらえるのであれば、
アメリカに行くのに自腹で飛行機をチャーター
するのも納得はいきますw

 

 

でも、よく考えてみると162億円が
そっくりそのままマー君の懐に入るわけではないんですね。

 

 

というのも、当然ですが税金を払う義務がどうしても生じるからです。

 

 

マー君はどのくらい税金を払うことになるの?

 

そこで気になるのは、田中将大選手はいったい
どれほどの税金を払うことになるのかという点です。

 

 

当然のことですが、彼はアメリカのニューヨーク州の
法にのっとって税を支払う義務が生じます。

 

 

報道されている情報では、色々種類の税金を合わせると
マー君はおよそ56%もの税金を支払うことになるようです。

 

 

半分以上持って行かれるということですね(汗

 

 

単純に162億円の56%は90億7200万円の税金ということになります。

 

 

つまり、マー君の手元に残るのは、
71億2800万円
になってしまうのです。

 

 

まあ、単純に計算しただけですが・・・

 

 

でも、だいたいこのくらいは持って行かれるみたいですね。

 

 

手取りより税金の方が多いなんて、信じられないですね。

 

 

この金額は7年契約の金額ですので、実質は
年棒約10億1800万円程ということになりますね。

 

 

いずれにしても、庶民の手には届かない金額ですww

 

 

田中将大に対する海外の反応は?

 

もう一つ気になるのは、マー君への海外の反応です。

 

 

ヤンキース首脳陣の反応としては今のところ
かなり良い評価をしているようです。

(当たり前ですがw)

 

 

たとえば、

1x1.trans 田中将大 ヤンキースでの税金が・・・マー君への海外の反応も…

1x1.trans 田中将大 ヤンキースでの税金が・・・マー君への海外の反応も…

 

というコメントがなされていました。

 

 

やはりアメリカ人から見ても、田中将大の
堂々と相手に立ち向かっていく姿は目に留まるものがあるようですね。

 

 

彼のメンタルの強さは、メジャーで戦っていくには
どうしても欠かせないものでしょう。

 

⇒ 田中将大はなぜ活躍できるのか 2つの理由

 

今年はどんな成績を残してくれるのでしょうか。

 

期待したいですね。

 

 

他にも、こんな海外の反応もありました。

 

 

今回チャーター機を利用して渡米した件について

 

「たった5人なのに、200人乗りの飛行機をチャーターするなんて贅沢だ」

 

という意見や、

 

「なかなかこんなことができる機会なんて少ないんだし
いいじゃないか、応援してやろうよ」

 

というあたたかい意見もあったようですね。

 

スポンサードリンク

 

ヤンキース以外のチームのファンたちは、

 

「かなり大金だして大博打しているけど
1、2年で消えるくらいの活躍であってほしい」

 

「ヤンキースはとにかく今必死だから
そんな契約をしたのだろう」

 

という声も上がっていたようです。

 

 

おそらく、ヤンキースに行ってしまったことに対する
ちょっとしたジェラシーみたいなものでしょう。

 

 

ヤンキースの田中将大、2014年はとにかく
怪我には気をつけてプレーしてもらいたいです。

 

そうすれば、彼は必ず素晴らしい結果を残すことができるでしょう。

 

⇒ ヤンキースの4月の試合予定についてはこちら