10月13日放送の「アッコにおまかせ」での
やくみつるのタトゥーン発言にネット上で
ファンが大激怒するという事態となりました。

 

 

スポンサードリンク

やくみつるがウケを狙って言った発言が
KAT-TUNファンの怒りにひをつけてしまったようです・・・
ツイッターにはこんな書き込みが多数・・・

 

 

 

 

・・・と相当お怒りの様子です(汗

 

でも、当然ですよね。
 
この発言を聞くと、田中聖だけでなく
KAT-TUNやそのメンバーみんなに向けて
皮肉っているように聞こえますもんね。

 

これは軽はずみな発言だと思います。

 

他のKAT-TUNメンバーも嫌な気持ちになりますよね・・・

 

でも、世間には心無い言葉を発する人はいつの時代にも
いるので、それにめげずに田中君やメンバーには
これからもがんばっていってほしいと思います。

 

田中聖の今後は?

 

田中聖がこれからどうしていくのだろう
というのは気になるところです。

 

本人はこれからもタレントとしての活動を
続けていくという意思を持っているようなので
新たな事務所と契約して頑張っていくのでしょう。

 

一度今までの事務所を脱退した後、
新たにまたタレント活動を続けていく
というのはなかなか簡単なことではないようです。

 

これまで、そういった状況を経験した
他の芸能人について少しまとめてみました。

 

鈴木亜美

スポンサードリンク

1x1.trans KAT-TUNファンタトゥーン発言に激怒!田中聖の今後の活動は?

 

鈴木亜美は17歳の時に小室哲也プロデュース
により大ヒットを飛ばしました。

 

当時彼女はエージーコミュニケーションという
事務所に所属し、かなり将来を期待されていました。

 

しかし、彼女の父親が事務所との契約問題に
割って入り独立騒動を起こしてしまいました。

 

この騒動の間しばらくほとんどの芸能活動は
できない状態・・言わば干された状態になっていたようです。

 

結局独立することになり、現在では
エイベックスに所属して活動しています。

あの浜崎あゆみのいるエイベックスですね。

浜崎あゆみ 自宅公開!場所は? 歌詞から恋愛事情を分析
もご覧ください。

 

こういう経緯の中、鈴木亜美は
一番売れる年ごろの時期を
逃してしまったとも言われています。

 

芸能界ってなかなか難しいですね・・・

 

沢尻エリカ

 

1x1.trans KAT-TUNファンタトゥーン発言に激怒!田中聖の今後の活動は?

 

・・・この写真ですみませんww

 

この沢尻エリカもいろいろと騒動の多い人ですが
事務所に関しても以前のスターダストプロモーション
をやめてしばらく活動を停止していました。

 

その後、エル・エクストラテレストレという
個人事務所を設立し、エイベックスと業務提携
の契約を行ったようです。

なんだかエイベックスって心が広いような
気がするのは私だけ??w

 

新事務所設立後も、以前のような芸能活動
に戻るのはなかなか難しかったみたいですね。

 

まあ、彼女の場合は結婚生活やその他で
いろいろ問題がありましたからね・・・

 

芸能活動というよりは、そちらの方が
騒がれてしまっていた感じですね。

 

水島ヒロ

 

1x1.trans KAT-TUNファンタトゥーン発言に激怒!田中聖の今後の活動は?

 

 

水嶋ヒロも以前所属していた事務所を抜けて
新たに事務所を設立した一人です。

 

当初彼は研音という事務所に所属していました。
 
噂では絢香との結婚の際に、事務所側は
交際についても結婚についても、
何も聞かされていなかったようで
それが原因で事実上は解雇の形だったようです。

 

絢香の癒しの歌声動画 もご覧ください。
 
 
その後、妻の絢香と共にA stationという
事務所を設立しています。

 
そして2014年公開の「黒執事」という映画の
主演を務めることになっています。

 
この映画以降、どのような活動となっていくのか
今は読めませんが、来年の水嶋ヒロは要チェックですね。

 

田中 聖は?

 

では、問題の田中聖はどうなるでしょうか。

 

今の時点では誰も何とも言えませんが、
彼は根強いファンがたくさんいますし
自分の店も経営しているということなので
ある程度の経営経験も持っているのでしょう。

 

キャラも個性的ですので、ちょっとしたキッカケが
あればおそらくうまくいくかもしれませんね。

 

ただ、この記事にあげた3人の例から見ても
これからの道のりは生半可なものではなく
相当な努力が求められるということだけは間違いないでしょう。

 

ぜひ、これからもあきらめず自分のため、
そしてファンのためにも頑張っていってほしいと思います。