世界陸上マスターズに挑戦した武井壮(40)
が惜しくも4位でメダルを逃した。

1x1.trans 近代五種とは何?武井壮が挑戦!!どんなルール?

 

 

スポンサードリンク

 

武井壮は100m走ににエントリーしていて
見事決勝進出を果たしていました。

 

 

そして、日本時間の20日から21日にかけて
行われた決勝で1位とわずか0.1秒差で下が
4位という結果に終わりメダルは逃してしまいました。

 

 

 

 

本人も相当悔しいらしく、急きょ走り幅跳びにも
参加することにしたみたいですねw

 

 

 

メダルは取れなくても4位はすごい思いますが
やはりここは百獣の王を目指している男だけあって
納得がいかないのでしょう。

 

⇒牛乳飲みながら見ちゃダメ 武井壮ネタ動画

 

 

 
彼は、走り幅跳びの自己ベストが7m30㎝くらいらしいので
それに近いくらい飛べればメダルも夢ではないと思います。

 

 

 
ちなみに彼は「近代五種」と「セーリング」で
東京オリンピック出場を目指すと言っているようですね。

 

 

近代五種ってなに?

スポンサードリンク

スポーツに詳しい方やオリンピックファンの方は
近代五種とは何かよく知っておられるでしょう。

 

 

 

でも、実際にどんな競技なのか、
どんなルールで行われるのかを知らない人も
大勢おられるようですね。

 

 

 

この近代五種とは、簡単に言うと5つの
競技を行ってその結果を競うものです。

 

 

 

行う競技としては、

 

・ フェンシング

・ 水泳

・ 馬術

・ ランニング

・ レーザー射撃

 

となっています。

 

 

 

以下の説明も参考にしてください。

 

「近代五種とは、ひとりの選手が射撃、水泳、フェンシング、馬術、ランニングの5種目をこなして順位を決める複合競技です。まず水泳と馬術、フェンシングを個別種目として行い、3種目での総合得点を算出し、その順位で最後のランニングのスタート順を決めます。ランニングには途中射撃ポイントがあって、5つの的を射抜いてから、ゴールまでまた走り、その順位を競うという競技です」

 

 

ちなみに、フェンシングでは総当たり戦が行われ
1分間の1本勝負となります。

 

 

 

水泳は、200mの自由型で競うことになり
馬術は障害飛び越えの競技になります。

 

 

 

ランニングは1000mで、上の説明にもあるように
途中でレーザーピストルによる5発の射撃が行われます。

 

武井壮の可能性

 

現在40歳になる武井壮。

 

1x1.trans 近代五種とは何?武井壮が挑戦!!どんなルール?

 

 

2020東京オリンピックでは、彼は47歳になっています(汗

 

 

普通に考えるとかなりきついように感じるかもしれませんが
そこは、陸上・十種競技の元日本チャンピオンの意地で
是非頑張ってもらいたいものです。

 

 

 

いまから7年かけてしっかりとトレーニングを
積んでいけば十分可能なことだと思います。

 

 

 

特に、この近代五種では体力も当然必要ですが
駆け引き技術、そしてテクニックが多いに
求められることになるでしょう。

 

 

 

頂点に上り詰めたことのある人間であれば
どのように集中力を高めていけるかもよく
知っていると思いますし、その経験は大きいでしょう。

 

 

 

彼がどのように調整してくるのか楽しみなところです。

 

⇒武井壮の靴が・・・