ショアジギングやヒラスズキ釣りをしていて、気になるのって釣った魚をどうやって持ち帰るかってことですよね。

 

私も、これけっこう試行錯誤しました(汗

 

ということで今日は、ショアジギングやヒラスズキにおいて適した持ち帰り方法とおすすめクーラーボックスをご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

まず、ショアで釣りをすると言っても、その状況は様々だということを覚えておく必要があります。

 

地磯で青物を狙っていくスタイルや、地磯をランガンしてヒラスズキを狙っていくスタイル。

渡船を使って沖磯で青物やヒラスズキを狙うスタイル・・などなど。

 

釣りにスタイルによって、現場に持ち込める荷物の量も変わってきます。

 

仮に、渡船を使って沖磯にわたるのであれば、ある程度の荷物を持っていくことは可能ですが、地磯で移動しながらの釣りや、磯へのアクセスが険しいような場所になると、できるだけ身軽にすることが必要です。

 

状況に応じておすすめできるクーラーボックスは様々ですが、今回はどちらにも対応できるような方法をご紹介します。

参考程度にどうぞ。

 

スポンサードリンク

 

現場持ち込み型と車に据え置くクーラー

 

上の見出しにもあるように、おすすめは現場に持ち込むものと車に持ち込むクーラーボックスとを分けて使用するのが一番良い方法ではないかと思っています。

 

つまり、現場には冬であればもっとも軽く持ち運べるドンゴロス、春から秋にかけては簡易クーラー機能の付いているバッグ型を持ち込むわけです。

 

ドンゴロス ↓↓

 

バッグ型 ↓↓

 

 

私も、上のカミワザのを使っていますが軽くて使いやすく、最初は色々荷物も入れていけるので重宝しています。

 

ミネラルウォーターやお茶を凍らせて入れておけば便利ですね。

 

ただし、防水ではないので魚を入れるときには、まず厚手のビニール袋に魚を入れてから簡易クーラーに入れることをおすすめします。

 

ビニール袋は同じくカミワザが出しているぶりパックがおすすめです。

割高感を感じるかもしれませんが、丈夫なので洗って何度も使えるので経済的です。

 

 

 

沖磯で釣りをする場合でも、これで特に不足は感じていません。

真夏の場合は氷等もたくさん持っていく必要はありますが・・

 

 

次に、車に据え置くクーラーボックスですが、できれば内寸の横幅80㎝位は欲しいところです。

 

それくらいあれば、青物屋ヒラスズキも綺麗な状態で持ち帰ることができます。

大型のものは、1万円を切る安いものも結構ありますが、ダイワやシマノのようなちゃんとしたメーカーのものと比べると、保冷力の違いは歴然です。

 

ずっと使えるものなので、これに関してはできればちょっと奮発して納得のいくものを購入されるのが良いでしょう。

 

青物 大型クーラーボックス ↓↓

 

 

このように、現場用と車用にクーラーボックスを用意しておけば、現場では身軽に動けますし、車に持ち帰った後は安心の保冷力で、魚を綺麗に持ち帰ることが可能となります。

 

魚の持ち帰りで悩んでおられるならぜひ参考にしてみてください^^

 

⇒ 青物ランディング時のおすすめギャフはこれ