ショアジギングタックルの中でも、意外に重要なアイテムがフローティングベストです。
今回はそのフローティングベストのおすすめについて記載しています。

参考になれば幸いです。

 

スポンサードリンク

 

「ショアジギング」と言っても、防波堤から、サーフから、テトラから、磯から、とシチュエーションは様々です。

 

1x1.trans 【ショアジギングタックル】 フローティングベスト おすすめは?

 

1x1.trans 【ショアジギングタックル】 フローティングベスト おすすめは?

 

そして、それらのどの状況に置いても必要となるタックルが、フローティングベストなのです。

 

特にフローティングベスト(ライフベスト)というのは、直接釣り人の命を守ることになるアイテムなので、必ず着用しましょう。

 

ただ、ショアジギングに関して言えば、常にロッドを操作しながら魚を誘っていく釣りなので時々邪魔に感じてしまうことがあるというのも事実です。

 

ずっとヘビーなロッドを使ってジグやルアーを操作してると、厚くなってきて脱ぎたくなるということもあります。

 

しかし、危険というのはたいてい自分が予想していないと気に訪れるものです。

ですので、着用したくないという気持ちも分からなくはありませんが、それでも人の命には代えられないので必ず着るようにしてください。

 

スポンサードリンク

 

漫然とルアー操作をしていて、突然大型のヒラマサ等がかかることもあります。

本気でバランス崩しますw
磯でずっこけて海にドボンということも十分に考えられ増すからね・・。

安全第一です!

 

ということで、安全かつ極力ストレスの少ないフローティングベストを少し紹介します。

 

⇒ ショアジギング ヒラマサに効くおすすめジグはコレ!

 

おすすめフローティングベスト

 

ショアジギングタックルとして一番にお勧めするフローティングベストはこれです。

 

 

エイムスのフローティングベストです。

これは、ネオプレーン製のベストで、他社の通常のものよりもかなりごわつきが少なく、ロッドのアクション時にもほとんど邪魔になりません。

 

ヒラスズキ釣りにおいても、有効なベストだとは思いますが、ヒラスズキの場合、ランガンでどんどん移動していきたいので、ルアーボックスが入るフローティングベストの方が実用性があるように感じます。

 

しかし、ショアジギングにおいては、ランガンで撃って行くスタイルではないので、ルアー類もバッグに入れておけば良いわけです。

 

というわけで、私個人的には、ショアジギングタックルとして、このエイムスのフローティングベストをおすすめします。

 

 

 

それでも、やはり、ポケットがあって多機能な方が良いという場合にはこちらがおすすめです。

 

 

リバレイのRBBシリーズのベストですね。

 

フローティングベストの老舗と呼んでも良いくらい、昔からベストを出していて、何度も改良が重ねられてきています。

 

もちろんルアーケースも前面ポケットに2つ収納可能です。

 

多機能でかゆい所に手の届く、フローティングと言えるかも知れませんね。

 

 

もし経済的にも余裕があるのであれば、この2つのタイプを持っておいて状況に合わせて使い分けるというのが最も良い方法だと思います。

 

是非安全に心がけてショアジギングを楽しんでいきましょう。

 

⇒ ショアジギング ラインの選択方法とおすすめメーカー