ショアから青物を狙う際に迷ってしまう一つの点は、リーダーの種類ではないでしょうか?

 

リーダーの材質には、大きく分けてナイロンとフロロカーボンがあります。

 

これらは、それぞれ長所と短所があり、それをきちんと理解したうえで使用することによって快適な釣りを楽しむことができます。

 

というわけで今回は、ナイロンリーダーとフロロリーダーの使い分けについて書いていきます。

 

スポンサードリンク

 

ナイロンの長所と短所

 

まずナイロンリーダーですが、長所としては非常に扱いやすいリーダーと言えますね。

 

しなやかで結びやすく、しかも価格も安いw

 

リーダーって逐一変えるものなので、コスパが良いというのは非常にうれしいです。

 

長所はそれだけではありません。

ナイロンリーダーは、フロロに比べ伸びるので、かけた魚がバレにくい、というのがあります。

 

特に最近はほとんどの人がPEラインを使っています。

PEラインは感度は良いものの、伸びがなく魚が暴れるとそのショックを吸収することができずにはりが外れやすくなってしまいます。

 

ここでリーダにナイロンを使っていれば、リーダーの部分でショックを吸収してくれ魚がバレにくくなるということです。

 

こう考えてみると、「ナイロン最強!」と思ってしまうかもしれませんが、短所もあります。

 

もうお分かりかもしれませんが、一番の弱点は擦れに弱いという点です。

 

私も、100ポンドのナイロンを使用していて、大型のヒラマサをに根に擦られて一瞬でラインブレイクという苦い経験をしたことがあります。

 

かなりテンションがかかった状態では、ナイロンの場合根に触れた瞬間に切れてしまうようです・・

 

それでも、根が複雑に点在しているような場所以外では、ナイロンリーダーは扱いやすくお勧めですね^^

 

スポンサードリンク

 

フロロカーボン

 

では次にフロロカーボンのリーダーについてですが、長所としてはナイロンよりも擦れに強いという点があります。

 

ただし、値段はナイロンよりも多少高いですし、クッション性も劣るため魚がバレやすいです。(ナイロンに比べて)

 

しかし、これらの短所を踏まえても、擦れに強いというメリットは無視できません。

 

多少根擦れしている状況でも、魚を取ることができたケースというのは多々あります。

おそらくナイロンだったなら、ラインブレイクしていたと思われます。

 

擦れに強いというのは非常に魅力的ですね。

 

ただし、注意しなければいけないのは、小さめのトップウォータープラグ扱うには向いていないという点です。

 

フロロは比重が重く、ゆっくりと水中に沈んでいきます。

なので、小さめのトップウォーターでは、ルアーが潜ったままになったりして、うまく動かなくなることがあるのです。

 

ただし、最近よくつかわれるようになったダイビングペンシル等の浮力の高い大きめのプラグにはそれほど影響しません。

 

根が複雑な場所などでは、このフロロカーボンのリーダーが欠かせないアイテムとなります。

 

自分が釣行するポイントのニーズに合わせて、ナイロンとフロロを使い分けてリーダーを組んでいくことにしましょう^^

 

⇒ リーダーの長さの目安は?