私がこの記事を書いている今現在、11月初旬ということでまさに青物シーズン真っ最中です。

 

 

特に、ヒラマサに関しては、サイズの大きなベイトの群れを見つけることができればかなりの大型がショアから狙えます。

 

スポンサードリンク

 

先日私、カマスのベイトについたヒラマサを狙い見事フッキングに成功したのですが、完全にのされてしまい、なす術なく敗北してしまいました・・。

 

ベイトが25センチクラスのカマスとなると、それを食っているヒラマサも軽くメーターオーバー超えたりしますからね。

 

このレベルのサイズになると、捕れるか捕れないかは、かけた後の運も左右してきます。

 

いや~もったいなかったです・・・。

 

とまあ雑談はさておき、今回はショアからの青物、特にヒラマサ狙いのトップウォーターの動かし方について説明していこうと思います。

 

これから始めようと思っている方や、動かし方を悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

トップウォータールアーの種類

 

一言でトップと言っても、色々な種類があります。

 

その中でも、特に青物用で有効とされていルアーは、

ポッパー
ペンシル(水面スライド系)
ペンシル(ダイビング系)

の3つですね。

 

ポッパー

 

まずポッパーですが、これは口がカップのような形状になっていて、水面を引いてくることによってボコッボコッと音と水しぶきを上げながらアピールするルアーです。

 

このポッパーの動かし方には少しコツがあります。

 

ポッパーと言えば、GTの釣りをイメージされる方が多いかもしれません。
GTフィッシングを映像で見ていると、体全体でポッパーを力強く引いて、非常に大きなしぶきを上げながら誘っている感じを受けるかもしれません。

 

もちろん使うポッパーも大きなサイズなのでそのくらいしないとうまく動かないというのもあると思います。

 

でも、ヒラマサをポッパーで狙う際に、これをそっくりそのまま真似て引いてきても、おそらく釣果はなかなか出ないと思います。

 

ヒラマサを狙う際には丁寧さが重要です。
ヒラマサはかなりセンシティブな魚なので、ちょっとした事で違和感を感じ食うのをやめてしまいます。

 

ポッパーを引く際のコツは、スプラッシュ(水しぶき)というより、綺麗にバブリング(泡を出す)させる引き方が有効なようです。(経験上)

 

できれば、バブリングした後に勢いで少しだけ水中に潜るようなバランスのポッパーは最高ですね。

オートで食わせの間が作れます。

 

そういう条件を満たしているポッパーは、以下のようなものがあります。

 

 ショア青物ルアーの動かし方 【ヒラマサ トップウォーター編】

 

 ショア青物ルアーの動かし方 【ヒラマサ トップウォーター編】

 

いずれのポッパーも、実績抜群のルアーです。

もしタックルボックスにないなら、一つずつは持っておくようにしましょう!

 

水面スライド系ペンシル

 

このルアーは主に、水面をドッグウォークさせながら誘うように設計されたルアーです。

 

ただし、単純にドッグウォークの繰り返しではなかなかヒラマサは食ってこないケースが多いです。

 

動かし方のコツとしては、

”アピールさせて、ここぞというポイントで食わせのアクションを入れる”

です。

 

アピールのさせ方ですが、着水後早巻きで水面を滑らせてストップを入れるとい方法があります。

 

特にシャローエリアでパイロット的に探っていく場合にはこのアクションが使えます。

 

”ストップ”のところで、少し水中にもぐらせてもいいですしね。

 

シャローに入っているヒラマサはやる気のある個体が多いですから、これに反応する場合が結構あります。

 

他には、少し高度になりますが、水面直下を微妙にもぐらせて泳がせながら誘う手もあります。

 

とにかく、色々できる部類のルアーですので、色々なアクションを試してみましょう。

 

 

若干長くなってしまいましたので、ダイビング系のペンシル系の動かし方については、次の記事で書いていきます。

そちらも参考にご覧ください^^