ショアからのキャスティングゲームとなると、
船からとは違い、必然的に様々なシチエーションでの釣りを
強いられることにもなりますし、ターゲットのその日の活性によっては
チェイスはあるものの水面をなかなか割ってくれないという時もあります。

 

そんなときは、やはりミノー系のプラグを試してみる必要があります。

 

スポンサードリンク

 

でも、ミノープラグって数多くのメーカーから
腐るほどの種類のルアーがリリースされていて、
正直どれをチョイスすれば良いのか迷うんですよね・・・。

 

ショア青物用のミノーでおすすめはどれ?

 

さて、それでは星の数ほどあるミノープラグの中で、
実際に使えるルアーはどれなのでしょうか。

 

求められることとしては「耐久性」「飛距離」
そして「泳ぎ」を挙げることができます。

 

特に大型青物の引きは、シーバス等のそれとは
比べ物にならないほど強烈です。

 

本気でルアー壊れたりします。。。

 

ですので、まず貫通ワイヤーが入っているというのは必須です。

 

あとは、塗装の強さやボディの実際の「強度」そして「泳ぎ」と「飛距離」を
考えなければいけませんが、これらは見ただけでは分かるものではなく、
実際に使った人の話を聞くか、自分で試してみる必要があります。

 

ということで、これらを兼ね備えている
ミノープラグ2つをご紹介します。 ↓↓

 

1x1.trans ショアキャスティングルアー おすすめの5コ 最低限これがあれば…

タックルハウス(TACKLE HOUSE) CONTACT FLITZ.42G No.15

新品価格
¥1,847から
(2014/5/6 20:02時点)

1x1.trans ショアキャスティングルアー おすすめの5コ 最低限これがあれば…

 

この、FLITZ(フリッツ)は、青物を狙うなら
必ず持参していきましょう。
飛距離、強度、泳ぎ、どれをとっても非の打ちどころがありません。

 

42グラムという重さで、びっくりするほど飛んでいきますし、
仮に少々岩にぶつけてしまってヒビが入ってしまったとしても、
砕けるか完全に変形してしまうまで、バランスよく泳ぎます。

 

いずれ、間違いなく活躍の場がくることでしょう。

 

ヒラズズキが周りにいる時も、これで狙うこともできます。

 

足場が高くても泳ぎますし、サイズも小さいの
悔いも抜群ですね。

私が、最も信頼している青物用ミノーです。

 

 

そして、もうひとつ紹介するのは、こちらのビッグミノーです ↓↓

 

 

これ、20㎝・100gありますwww

 

えぇぇぇーっ・・・って思われるかも知れんせんが、
少し考えてみてください。

 

最近はトップウォータープラグで、20㎝前後を投げるのが
普通になっていますよね。

 

そして、そのトップウォータープラグを投げたいのに、
足場が高くてうまく泳がすことができない・・・という
状況でこのビッグミノーがあったらとても重宝すると思いませんか?

 

「泳ぎ」に関してもかなり水噛みが良く、足場の高い
場所からでも足もとまで探ってくることが可能です。
アピール力も抜群で、
特に、九州では結構人気の出てるルアーですね。

 

足場の高い難所から大型を仕留めたいアングラーには
もってこいのルアーと言えます。

 

対GTやマグロ用に設計されているミノーなので、
耐久性も申し分ありません。

 

スポンサードリンク

 

ビッグミノーで、大型ヒラマサやカンパチを釣り上げた時には、
トップウォーターで釣った時とはまた違う、何とも言えない達成感があります。

 

もちろん、毎回の釣行で必ず使用するわけではありませんが、
それでも毎回私は、このミノーをタックルボックスに忍ばせています。

 

おすすめのミノープラグは、この2つですね。

 

コツは、色々な状況に対応できるように
タイプの異なったルアーを選んで、持っていくということです。

 

同じポイントであっても、日が違うと
海の状況も全く違ってきて、攻め方も変わるわけです。

 

そういう自然と向き合いながら試行錯誤していく
このショアからのキャスティングゲーム、これからも
共に安全に気をつけながら楽しんでいきましょう^^

 

 

おまけ

 

おもしろい青物用ペンシル見つけちゃいましたw

 

なんと、釣れなかったら返金保証付きらしい・・w

 

詳細は下のページをご覧ください^^

⇒なんと返金保証付き!?【大型青物ペンシル】
1x1.trans ショアキャスティングルアー おすすめの5コ 最低限これがあれば…

 

 

⇒ ショアプラッギングロッド おすすめはどれ?

 

< 前ページ 1 2