ショアキャスティングゲーム
とてもエキサイティングで楽しい釣りですが、
この釣りはアングラーの経験と技量によってかなり
釣果が変わってくる難しいゲームとも言えます。

 

その中で重要な点の一つとしてルアーの選択というものがあります。

 

1x1.trans ショアキャスティングルアー おすすめの5コ 最低限これがあれば…

 

特に、最近この釣りを始めたばかりの方であれば、
いったいどんなルアーを現場に持って行けば良いのか、
実際に釣果を上げている人はどんなルアーを使っているのか・・・
という点が非常に気になることでしょう。

 

今回は、その観点から実際に現場で役立つ、
そして実績を上げ続けている「使えるルアー」5つ
を紹介していきます。

スポンサードリンク


ショアキャスティングで使うルアーと言えば
どんなルアーが思い浮かんできますか?

 

おそらく今あなたの頭に浮かんだのは、
「トップウォータプラグ」(水面で誘うルアー)
ではないでしょうか。

 

ショア、オフショアに限らず、トップウォーターゲームは
興奮度が高い、かなり楽しい釣り方です。

 

そして、ヒラマサやブリなどの青物も水面に対する
意識が非常に高い魚なので、実績も抜群です。

 

このページでは、まずトップウォータープラグを3つ紹介します。

 

スポンサードリンク

 

そして、次のページでは、水面に出ない魚を
水中で誘うことのできる「ミノープラグ」2つを
紹介していきます。

 

⇒ ショア青物に抜群の実績の「ジグ」についてはこちらの記事をご覧ください

 

おすすめのトップウォータープラグ

 

青物用のトップウォータープラグと言えば、
やはり「ダイビングペンシル」を想像されることでしょう。

 

そして「ダイビングペンシル」と言えば、
あの有名な「ガ○マ」や「ロ○オ」等の名前が浮かんでくるかもしれません。

 

もちろん、これらのルアーは非常に優秀なルアーであり、
数多くの大型青物が釣りあげられています。

 

ただしこれらのルアー、手に入りにくいというのと、
かなり高価であるという、大きなハードルがあります。

 

しかも、船からならともかく、ショア(特に荒磯)からの
釣りになると、ルアーへのダメージも非常に大きくなって、
破損してしまう可能性がかなり高くなるのです。

 

5千円から1万円近くもするルアーが破損したり、
傷だらけになるのは少しつらいものがありますからね・・w

 

大量生産されているリーズナブルな値段の
プラスティック系のルアーでも、それら有名どころの
ウッド性のルアーに負けない動きと性能を備えているものも
たくさんあります。

 

そちらの方が、価格的にも手が出やすいですし、
心おきなくショアからガンガン使用することができますよね。

 

その中でも、私が一番優秀だと感じているのはこのルアーです ↓↓

 

1x1.trans ショアキャスティングルアー おすすめの5コ 最低限これがあれば…

マリア ローデッド F140

1x1.trans ショアキャスティングルアー おすすめの5コ 最低限これがあれば…
このルアーは、正直かなり実績の高いルアーです。

 

水中にダイビングさせながら誘うこともできますし、
水面をスキップさせるようにして食わせることもできます。

 

飛距離も素晴らしいですね。
良く飛んでいきます。

 

 

そして、このローデッド F140と共におすすめするのが、
これよりも大きいサイズとなるローデッド F180です。

 

1x1.trans ショアキャスティングルアー おすすめの5コ 最低限これがあれば…

マリア ローデッド F180

1x1.trans ショアキャスティングルアー おすすめの5コ 最低限これがあれば…

 

ボディからは想像でいないくらいの飛距離を生み出しますし、
アクションのキレもウッドペンシル顔負けの動きをします。

 

しかも、このローデッドシリーズは、
ダイビングさせやすく、ミスダイブが非常に少ないのも特徴です。

 

ショアからヒラマサ等の青物を釣りたいのであれば、
少なくとも一つずつはこのローデッドシリーズを持っておきましょう。

 

 

そして、もうひとつ使えるトップウォタープラグとして
おすすめするのが、このドラドペンシル 18Fです。

 

 

これは、玄人好みのルアーとも言えるかもしれません。

 

使い方によって色々な動きを演出することができ、
実際に魚が釣れちゃいますw

 

個人的には、最近出回っている「ヒラマサチューン」よりも、
ノーマルの方が好きですね。

 

ダイビングさせながら誘いだすにはもちろん、ヒラマサチューンの
ほうが向いていますが、泳がせたり色々な変化をつけて浅瀬で誘っていくには
ノーマルの方が向いているように思えます。

 

水面を滑らせてアピールして、ここぞというところで
ロッド操作によってほんの少しだけ水をかませてヒラヒラと泳がせて
誘うことも可能なルアーです。

 

ショアから狙う青物の場合、餌を食いに来ている
やる気のある青物を狙って取っていくというスタイルが
多くなってくるはずですので、こういったタイプのルアーは
欠かせないと言えますね。

 

それでも、やはりトップウォーターだけでは
釣りきれない魚もいますし、フィールドの条件によっては
うまく動かせないということも出てきます。

 

そう言った場合には、ミノー系のプラグの出番です。

 

ショアキャスティングでお勧めのミノープラグについては
次のページをご覧ください。

 

1 2 次ページ >