ショアジギングで使用するラインは、
ほとんどPEが使用されています。

 

そしてPEラインを使用するということは、
必然的にリーダーも付けなくてはいけないことになります。

 

1x1.trans ショアジギング リーダー 長さと太さの目安

 

でも、このリーダーを選ぶ時に、いったいどのくらいの
太さ
のものを選べば良いのか、またどのくらいの長さをとれば
良いのか結構迷っている人が多いみたいです。

 

スポンサードリンク

 

まず、リーダーを選ぶ際に考える要素としては、

・ ターゲットの種類と大きさ

・ どんなフィールドで釣りをするのか

これらの点を挙げることができます。

 

ターゲットとフィールドに合わせて

 

最初に基本的なこととして、リーダーは細ければ細いほど
ルアーもナチュラルに動き、魚も食いやすいということを覚えておきましょう。

 

しかし言うまでもなく、リーダーが細くなるということは、
引っ張りや擦れに対する強度も下がるということなので、
細ければ良いというわけでもありません。

 
 

では、ショアジギングで狙うターゲットとして、

「サワラやサバ等のライトなターゲット」

「ブリ、ヒラマサ、カンパチ等の中型青物」

「10キロ超のヒラマサやカンパチ、キハダマグロ等の超大型」

と、大きく3つに分けて考えてみましょう。

 

ライトなターゲット

 

まず、ライトなターゲットに関しては
強引なファイトを強いられることもほとんどなく、
ロッドのしなりを上手に活かして、比較的簡単に
魚を浮かせることができるでしょう。

 

この場合、ポイントが少々浅く根が点在しているとしても、
極端な太さは必要ないと思われます。

 

もちろん、どんなタックルを使っているかによっても
太さの目安は変わってくるわけなので一概に言うことはできませんが、
これらのターゲットであれば、若干強度のあるシーバスロッドで
十分に釣り上げることが可能でしょう。

 

⇒ ライトショアジギングにも最適なヒラスズキロッドのおすすめは?

 

一つの例として、「M~MHクラスのシーバスロッド」で、
メインラインはPEラインの2号前後を使うとしましょう。

 

そうすると、リーダーの目安としては、
だいたい4号から8号(16LB~30LB)で十分だと思われます。

 

多少、根が荒く点在しているような場所で気になるようであれば
ナイロンではなく、擦れに強いフロロカーボンの素材を選ぶと良いでしょう。

 

中型青物の場合

 

ターゲットが中型青物(5キロ前後のブリ・ヒラマサ・カンパチ等)
の場合は当然もっと強度のあるリーダーを組むことが必要になります。

 

船からのようなアングラーの側に有利な状況の場合には、
上述したライトなラインシステムでも釣りあげることは可能ですが、
ショアからの釣りとなるとそうはいきません。

 

近くにたくさんの根が点在していることもありますし、
自分自身が立っている場所自体が、一つの根となっていますので、
そこに引き寄せてくるということは、どう見てもアングラー側に
不利な状況なわけですね。

 

そんな中で、時には強引なファイトも必要になってきます。
足元で、多少ラインを擦られることだってよくあることです。

 

というわけで、ショアジギングでの中型青物に対しては
ある程度の太さと強度が求められるのです。

 

スポンサードリンク

 

では、「MH~Hクラスのショアジギングロッド」で、
「3~4号のPEメインライン」を使用しているとしましょう。

 

⇒ ショアジギングロッド おすすめはこちら

 

この場合、10号から14号(40LB~60LB)程度が妥当な範囲ではないでしょうか。

 

この場合も、擦れが気になるポイントではフロロカーボン、
ナチュラルさを求めたい場合にはナイロンラインを選択することができます。

 

次のページでは大型がターゲットの場合、
そして、リーダーの長さについて解説しています。

 

1 2 次ページ >