約十数年前ころから巷でも流行りだした?ショアジギング。

それまでも、丘っぱりから青物を狙うスタイルはあったものの、その頃から目に見えてショアジガー達が増えてきましたよね。

でも、ショアから狙う青物は楽しい半面、付け焼刃では続けられないのも事実、ピーク時からはかなりアングラーの数は減ったように感じます。

 

スポンサードリンク

 

それでも、今までずっとひたむきに青物を狙い続けてこられた方は、本物ですね。

 

ずっと続けていると、毎年毎年新たな発見があり、自分自身が成長できているのを実感できるというのも、この釣りの楽しさでもあります。

 

・・とまあ、そんなわけで今日はショア青物で使うリールについ話して行こうと思います。

 

しばし、お付き合いを・・・

 

リールの種類(メーカー)

 

ショア青物に限らず、ほぼすべての釣りのジャンルにおいて使われているリールのメーカーというのは数社に限られてきます。

(※ワゴンセールに出ているようなものを除いて)

 

その中でも、有名なものは、シマノ・ダイワ・リョービ・アブガルシア・ペンリールといったところでしょうか。

 

このなかでがっつりショア青物で使用するとしたら、ほぼシマノかダイワといったところが選ばれます。(ペンリールなどは、コアなファンも多く使っている方もおられますが)

 

リールの性能からしてもやはり、この2つが抜きんでているのは間違いないですね。

 

ステラかソルティガか

 

では、シマノとダイワのどちらがよりショア青物に向いているのか・・。

 

ショア青物用で使用できるシマノの最高峰はステラSW、ダイワの最高峰はソルティガということになります。

 

結論から言ってしまえば、どっちを使うかは「好み」ということになってしまいますが、それでももし迷っているならこの記事の意見も参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

 

まず、ステラ(13ステラ)ですが使用感、初期の滑らかさ、高級感は抜群です。

 

さらに言えば、ドラグ性能はやはり素晴らしいですね。

 

シマノ製品のドラグ性能は昔から定評がありますからね。

 

それに加えて、13ステラは08ステラよりもメインギアの厚みが増しているため剛性も高まっているようです。

 

 

では次にソルティガ(10ソルティガ)ですが、こちらは何と言っても防水性能と耐久性です。

 

10ソルティガには、マグシールドが使用されておりこれによって素晴らしい防水性能を発揮しています。

 

また、前モデルのソルティガZよりもメインギアの直径もかなり大きくなっておりパワフルな勝負が可能となっています。

(ソルティガZもパワフルでしたが・・)

 

ローター部分の剛性も高まっており、内部の作りもシンプルなゆえに故障も比較的少ないと言われています。

 

 

ステラとソルティガ・・・。

 

どちらも素晴らしいリールと言えますが、個人的な意見としては、若干ソルティガの方がショア青物には向いているかな・・と思ったりします。(あくまで個人的意見ですが)

 

やはり、防水性能と耐久性ですね。

 

ショアでのリールはかなり酷使する使い方となってしまいます。

頭から波をかぶることだって珍しくありませんし、磯にぶつけてしまうことだって時にはあるかもしれません。

 

さらには、魚とのファイトも船に比べてかなり無理をしなければいけない場合が多いですね。

 

そんな時はやはり、ドラグの滑らかさも重要ではあるのですが、それだけではなく巻き上げパワーに定評のあるリールが安心です。

 

10ソルティガはドラグ性能はドラグ性能もかなり良くなりましたしね。

 

そんなわけで、ショアからはあまり気を使わず、思い切り使用できるリールが向いているかもしれませんね。