この記事では、ショアジギング用のロッド
特に対ヒラマサ用として使えるプラッギング用の
おすすめロッドについて紹介していきます。

 

⇒ ショアジギング用のおすすめロッドについては こちらを参照ください

 

ショアジギングというカテゴリは、およそ
ここ10年の間に一気に浸透した釣りのスタイルです。

 

1x1.trans ショアジギング ロッド ヒラマサ用 プラッギング編 おすすめは…

 

素晴らしい眺めの磯から青物を狙う
このスタイルはルアーマンの中で一気に流行り
一時はフィールドにも非常にたくさんのアングラーが
あふれかえっていました。

 

・・・が、一日中ジグをシャクリ続けないといけないという
この釣りの過酷さゆえに徐々にショアジガーも減ってきたように思えます。

 

スポンサードリンク

 

かくいう私も、最近はジグをシャクリ続けるのが
年のせいなのかだいぶんつらくなってきましたw

 

…と言ってもやめることはないと思いますが^^;

 

 

プラッギング

 

そんな私が、最近ジグ以上に多用しているのが
トップウォータープラグです。(ミノー系も使います)

 

要するに一言でいえば「プラッギング」ですね。

 

このプラッギング、視覚的にもおもしろいし、
ジギングほどは疲れない。

 

しかも、でっかいのが結構釣れるんですよね。

 

スポンサードリンク

 

もちろん、ジグが向いているポイントや、その日の状況
などもありますので、両方を上手に使い分けることができれば、
釣果はかなりアップします。

 

では、この「プラッギング」で特にショアジガーがあこがれる
ヒラマサを狙うには、どんなロッドが適しているのでしょうか。

 

 

ショアプラッギングでのヒラマサ狙い用ロッド

 

実はこれに関しても、このロッドがあればどこでもOKと
一概に言うことができないのが本当のところです。

 

どんなフィールドで釣りをするか、
どんなルアーを使うのか、によっても
ロッドの適性は変わってきます。

 

まあ、当然ですよね・・。

 

たとえば、沖磯を渡船を利用して攻める
スタイルの方で、30グラムから100グラム
前後のペンシルやポッパーを使う方であれば、
一般に、ショアからのダイビングペンシル用として
出されている10フィート前後のロッドが向いているでしょう。

 

たいてい沖磯の場合は、比較的水深のある場所が多く
極端なパワーファイトを強いられることも少ないからです。

 

たとえば、こんなのも最適だと言えるでしょう ↓↓

 

 

このゼナック者社のロッドは、かなり強度があるのですが、
それでいて、非常に柔軟性があり、タメが効くのでファイトもしやすいです。

 

また、設計自体がダイビングペンシル用に作ってあるので、
ルアーの操作性はかなり良く、ミスダイブも少なくなります。

 

もちろんミノー等の操作性も申し分ないですね。

 

ジギングも問題なくこなすことができる非常に優秀なロッドです。

 

しかし、大型のヒラマサを狙うアングラーには、
極端なシャロー(浅瀬)を好む人も少なくありません。

 

このスタイルの釣りは、釣り人のスキルと
タックルのどちらもそろっていないと成立しないであろう
極限の釣りとも言えます。

 

   次のページに続きます

 

1 2 次ページ >