シーバス釣りをしている人であれば、みんなどんなルアーを使って釣果を出しているのだろう・・っていうのは、すごく気になるところですよね。

 

実際今でも私も気になります。

 

シーバス用ルアーと言っても、その種類は無数と言ってよいほどあるわけです。

 

その中で、特に実績を上げている5つのおすすめのルアーを今回は紹介していきますね。

 

スポンサードリンク

 

シーバス釣りを行うフィールドというのは、川、河口、磯、港湾、桟橋・・等様々です。

 

そして、使うルアーの選択と言うのは、そのフィールドの特性に合わせて考えていく必要があります。

 

さらに、その地域特有のルアー選択が有る場合もあり、それらの情報も無視することはできません。

 

例えば、以前私が通っていた○○川の河口のポイントでは、180㎝ほどの非常に大きなミノーが成果を上げていたこともありました。

 

主なベイトがボラだったのでしょう。

 

このように、ルアー選択に関しては様々な要素を考えていく必要があるのですが、今日は基本的にタックルボックスにこの5つがあればシーバス釣りが成立するだろうと思われるものを紹介します。

 

1. フェイキードッグ

 

まず、最初におすすめするルアーは、ジップベイツの「フェイキードッグ 90mm」です。

 

 

いわゆるトップウォータですね。

 

小刻みにドッグウォークをさせてきて、ここぞというポイントで一瞬動きを止めます。

 

そうすると・・ガボッと水面を割ってシーバスがバイトしてくるわけです。

 

トップの釣りは想像するだけでも楽しいですねww

 

特にシーバスという魚は、自分より上にあるものに興味を示す習性があります。

 

なので、トップウォータプラグはシーバスには、ピッタリのルアーなんですね。

 

ちなみにこれは、同じ種族である「ヒラスズキ」にも言えます。

 

⇒ ヒラスズキ おすすめルアー も参考にご覧ください

 

ワンダー

 

次は、シンキングペンシルの「ワンダー80」です。

 

 

シーバスってシンキングペンシルかなり効くんですよね。

 

特にナイトゲームでは、強いイメージがあります。

 

おすすめは、クリア系です。

 

ねちねちと動かして誘いましょうw

 

コモモ、サスケ

 

こちらも、誰もが知る有名ルアーですね。

 

 

ネット上で調べてみても、ほとんどのサイトで進められているルアーですよね。

 

まあ、それだけ実績を上げているということですね。

 

ちなみにこのルアー実際に、釣れます。

 

コモモは潜水レンジが少し浅めで、サスケはそれよりも水噛みが良く深めを泳ぐ設計となっています。

 

フィールドに応じて使い分けるのが良いですね^^

 

特にサスケは、サラシが出ているような荒磯でも、ちゃんと釣りが成立する優秀なルアーです。

 

逆にコモモは、それ以外の比較的静かなポイントや浅瀬で活躍するでしょう。

 

ルアーアクションは、シーバス釣り 初心者へ送る 釣り方とコツでも述べたように、ただ巻きで十分です。

 

バイブレーション

 

次にあげるのは、「レンジバイブ」です。

 

 

バイブレーションは風が強い時でも飛距離が稼げますし、シーバスはこのバイブレーションのフォールにかなり興味を示すようです。

 

投げて最初のフォールでいきなり食ってた、なんてことも良くあることですw

 

これも一つは持っておきたいおすすめのルアーですね。

 

スポンサードリンク

 

B太

 

最後におすすめするのは、アイマの「B太」です。

 

アイマ製品は優秀ルアーが多いですね~

 

 

このルアーは、水上が良く高速で巻いてもキビキビとしっかり泳いでくれます。

 

私の使い方としては、シーバスが擦れてしまった時に高速巻きでリアクションバイトを狙います。

 

今日はダメかな・・と思ったらぜひ試してみてください。

 

もしかしたら釣れるかもしれませんw

 

 

 

ということで、5つ(6つ?)のおすすめルアーを紹介しました。

 

参考になれば幸いです。

 

⇒ シーバス釣りの1~10までを知りたい人 はこちらからどうぞ