シーバスフィッシングだけでなく、どんな釣りに置いても基本的にロッドは欠かせないアイテムですよね。

 

でも、シーバスロッドって、種類やメーカー、長さ、堅さ・・などなど、非常に多岐にわたっています。土の中から自分に合うものをどうやって探し出せば良いのか迷っておられるなら、この記事を参考にしていただければ嬉しく思います。

 

スポンサードリンク

 

まず、シーバス用のロッドを購入するにあたって考えないといけないのは、予算です。
予算と言っても、「どれほど高価なロッドを買えるか」ということではなく、何本買えるかという点です。

 

というのも、シーバスフィッシングにおいて、そのフィールド(釣り場)というのは、磯、川、河口、港湾、・・・とかなりバラエティに富んでいて、それに応じて必要とされるロッドが変わってくるのです。

 

よって、複数本買える余裕のある場合はそれぞれのポイントの属性に合ったものを選ぶようにしましょう。

でも、そんなに何本もそろえる余裕がないという方がほとんどではないかと思います。

 

その場合は、ある程度凡庸性のある長さ&硬さのものを購入するのが良いでしょう。

 

シーバスロッドの使い分け

 

では、ここからはまず様々なフィールドに置いてどのスペックのロッドが向いているのか少し説明していきいます。

 

 

まず、磯からシーバスを狙う場合ですが、ここではマルスズキに限定しての話とさせていただきます。
ヒラスズキ用のロッドについては、ヒラスズキロッド おすすめの記事で紹介していますのでそちらを参考にしてください。

 

磯からのシーバスの場合、ある程度の長さが欲しいですね。

特に多少の波がある時は、磯際まで近づくのは危険な場合があります。

 

また、足場が高い磯などでは、ロッドが短いとうまくルアーを動かすことも難しくなります。

 

なので、おすすすめは10フィート前後のロッドということになります。

 

河口

 

河口と言っても、その川の規模(大きさ等)によって多少変わって来るのですが、基本的には飛距離が欲しいポイントということになります。

 

飛距離を稼ぐには、ロッドの長さが物を言います。

 

よって、河口においても9~10フィートが扱いやすいロッドと言えるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

川、港湾、桟橋

 

一概に断定することはできませんが、たいていこれらのポイントでは、飛距離を出すというよりは、コントロール重視の場合が多くなります。
ピンポイントで、キャストしていくということですね。

 

その場合は、比較的短めのロッドの方がコントロールが付きやすいですし、扱いやすさも違います。

 

とくに桟橋などでは、周りに障害物などがたくさんあることも多いですよね。

 

そんな中で、長いロッドを取りまわすのはすごくストレスになりますし、手返しが悪くなってしまいます。

 

よって、この場合おすすめするのは、8フィート前後のロッドです。

 

硬さは?

 

ロッドの硬さについてですが、どのくらいの重さのルアーを投げたいかで変わってきます。

購入前にスペックをしっかりと確かめて置きましょう。

 

最も凡庸性が高い硬さは、ML(ミディアムライト)ではないかと思います。

 

よく質問されることですが、シーバスロッドは安いものでも問題ないのか?と心配される方が多くおられます。

 

私個人的には、全然問題ないと思っています。

まあ、安いと言っても限度はありますが、5万以上するようなロッドでなくても、下に紹介しているメジャークラフトなどの比較的安いといわれているロッドでも、十分にシーバスを釣ることができます。

 

もちろん多少の使い勝手の違い等はありますが、何万もするほどの差はあるとは思えません。

最近の製品は安価であっても、しっかりしたものが多いですしね^^

 

 

自分が良くいくポイントに合わせて、ロッドを選ぶようにしましょう。

すべてでオールマイティに使えるロッドを1本だけ選ぶとしたら、9フィート前後が良いかもしれませんね^^

 

ぜひ、自分にぴったりのものを選んで、シーバスフィッシングを楽しんでください^^

 

⇒ シーバス の習性やルアー選びを本気で学びたい人はこちら