映画「るろうに剣心」のキャストとして、福山雅治さんがどの役で出演するのかが注目されていましたが、どうやら「比古清十郎」役として出演するようです。

 

1x1.trans るろうに剣心 キャスト 福山が演じる比古清十郎とはどんな役?天翔龍閃?

 

この「比古清十郎」とはいったいどんな役なのか・・

原作を読んだことがない方は、想像がつきにくいかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

「映画 るろうに剣心」は日本だけでなく海外の反応もかなり評判が高く、注目を集めています。

 

もともと、侍ものって海外でも人気が高いのですが、この「るろうに剣心」はファンタスティックなアクションシーンが満載ですからね。
「るろうに剣心 伝説の最期編」も、かなりおもしろい映画となりそうです。

 

ちなみに、9月13日公開予定となっています。今から待ち遠しいですね^^

 

私は学生時代、この「映画・るろうに剣心」の原作となる漫画をずっと読んでいたので、基本的には名前が出てきた時点でどんなキャラなのかはすぐに思い出せます。

 

でも、原作の漫画を読んだことがない方は、そうはいきませんよね・・。

 

ということで、今回福山雅治さんが演じる「比古清十郎」について、今日は少しご紹介します。

 

福山演じる比古清十郎とは?

 

剣心の師匠

 

比古清十郎が剣心の師匠だということは、すでにニュース等でご存知かもしれませんね。

 

比古清十郎は、剣心が得意とする飛天御剣流の継承者であり、剣心にそれを教え込んだ師匠です。

 

1x1.trans るろうに剣心 キャスト 福山が演じる比古清十郎とはどんな役?天翔龍閃?

 

漫画では、剣心がまだ会得していない飛天御剣流の最強とも言われる技を会得するために、再び師匠・比古清十郎のもとを訪れることになります。(確か10巻当たり)

でもこの師匠も、そうすんなりと教えることはせず、自力で技を会得するために互いに剣を交え合うことになります。

 

最後の最後で、比古清十郎は剣心に対し、師匠をやらなければ、剣心自信がやられてしまうという状況まで追い詰め、寸前のところで「生きたい」という剣心の強い思いを呼び起こし、それが無意識に剣心の体を動かすことによって、最強の奥義を会得することができるわけです。

 

ちなみにその奥義の名前は「天翔龍閃(あまかけるりゅうのひらめき)」 というものです。

 

しかも、その技を食らった師匠・比古清十郎も、剣心の逆刃刀のたががゆるんでいたおかげで一命を取り留めることになります。

 

・・・とまあ、若干うろ覚えなのですがこんな感じだったと思います^^;

 

マンガでの比古清十郎のキャラは、クールで若干ぶっきらぼうな感じですが、本心は優しく器の大きな人物として描かれていました。

 

映画で、この奥義「天翔龍閃」 が出るのかも非常に気になるところです。

 

スポンサードリンク

 

剣心の親のような存在!?

 

この比古清十郎は、剣心がまだ小さなころに、盗賊から救い出し、自分の手で育てあげ、剣の道も教え込んだ親のような存在でもあります。

 

しかも、「剣心」という名前も彼がつけたようですね。

 

 

漫画では、このような設定となっていますが、映画ではこの「比古清十郎」を福山雅治がどのように演じていくのか、そこもまた楽しみな点ですね。

 

9月13日の「映画・るろうに剣心」公開が楽しみしですね^^