これからショアジギングを始めよう!という方や、今ショアジギングを楽しんでいる方の中にも、ラインシステムにおいて、どのノットを使用するのが最善なのか・・・と悩んでいる人は多いみたいですね。

 

 

この「ノット」というのは、簡単に言えば「結び方」とも言えるでしょう。

 

ロッドやリール・ラインなどの道具に関しては、知識が浅い状態でもお金を出せばかなり良いものが手に入ります。

 

ただし、この「ノット」に関しては、方法を習得して自分で技術を身に付けなくてはいけません。

 

ということで、この記事では”ショアジギングで”おすすめのノットと、その結び方について紹介していきます^^

 

スポンサードリンク

 

世の中に色々なノットが存在しています。 そして、それらの中にはショアジギングで使うにはおすすめできないものや、あまり実用的ではないものも多くあるわけです。

 

あなたの、今使おうとしているノットは大丈夫ですか?

 

おそらく、これまで何年もこの釣りを続けてこられたのであれば、自分の一番自信の持てるノットというのがあるでしょう。

 

そうではなく、これまでシーバスやエギング等をやっていて、これからショアジギングというコアな釣りに首を突っ込もうと思っている、又は、ショアジギングやってるけど、なんかノットを覚えるのが面倒でいつも友達に結んでもらってる・・(@_@;)というあなた。

 

この際だから、ちょっと努力して覚えちゃいましょう!^^

 

最初は面倒かもしれないですが、一度ものにしてしまえば一生ものですよ!

 

ショアジギングにおすすめできないノット

 

まず、「このノットはやめときましょうね」というものから紹介していきます。

 

強度的に弱く一番おすすめできないのは「電車結び」ですね。このノットは、ショアジギングではやめておきましょう。

 

非常に簡単にできてしまうノットだけあって、ラインブレイクしてしまった際にはついついやってしまいそうになるのですが(自分もよく誘惑に駆られるw)これ、さらなるラインブレイク&ルアーロスト&魚を逃がしてしまいモチベーションもロスト・・・ということになりかねません。

 

ヒラスズキ釣りで、応急処置としてなら少しは使えますが、ショアジギングではやめておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

そしてもう一つ、ダメとは言いませんがショアからのジギング・プラッギングには向いていないと言えるのがこれ、「SFノット」です。

 

このSFノット、非常に強度があり素晴らしいノットで、船からのジギング等にはかなり使われています。

 

ただし、ショアからのジギングに関して言えば、船からとは違い、ジグやプラグを思い切り振りかぶって投げなければいけません。

 

ショアジギング リーダーの長さと太さの目安 でも述べたように、ショアジギングで使用するリーダーは、投げる時にリールには巻き込まない程度で、ある程度の長さを取るのがベストです。

 

このとき、FGノットではその特性上、リーダーの方にも結び目ができてしまうため比較的大きなこぶができてしまうのです。

 

しかもショアジギングで使用するリーダーというのは結構太いものを使うことが多いですよね。

 

大きなコブができているラインシステムで、思い切り振りかぶってかなり重いジグを投げることを想像してみてください。

 

コブが、毎回すべてのガイドを問題なくすり抜けてくれればよいのですが、なかなかそうもいかないことも多く、ガイドで引っかかってしまったり、ひどい時にはロッドや、ガイドの破損につながってしまうことにもなりかねないのです。

 

そう考えるとちょっとおそろしくなってきますよね・・。

 

強度に関しては問題ないのですが、このような理由で私はあまりおすすめはできません。

※もちろん個人のスタイルや好みがありますので・・あくまで私個人の意見として聞き流してください<(_ _)>

 

おすすめするノット

 

だったら、どのノットがおすすめなんだよ・・しびれを切らしているそこのあなたw

ズバリいうと、FGノットがおすすめです。

 

大きな釣りを長年している人であれば、知らない人はほとんどいないノットだと思います。

 

それだけメジャーだということは、それだけ有効なノットだということでもあります。

 

何が良いかって、強度も抜群だし、グローブとハサミさえあれば簡単にできちゃう(特殊な道具を必要としない=実戦向き)そして、ガイドの抜けも抜群なんですね。

 

ガイドの抜けに関してはこのノット、リーダを結んだりすることは一切なく、リーダーにPEラインを絡ませて締め付けたその摩擦力で結ばれているわけなんです。

 

このFGノットをマスターしとけば、たいていの釣りに応用が効きますし、逆にいえばこれ以上の強度を求める釣りなんて実際にはほとんど無に等しいとさえ言うことができます。

 

ということで、一つショアジギング用のノットを覚えるならこのFGノットを覚えましょう。 下の動画を参考にどうぞ^^

 

⇒ FGノットの結び方 解説動画

 

⇒ ショアヒラマサ おすすめダイビングペンシル5つはこれ!