年末年始の旅行シーズンがやってきました。

 

最近は格安航空が進出してきて新幹線や車を
使うよりもかなり安く旅行できるようになってきています。

 

1x1.trans 荷物料金まとめ ピーチ ジェットスター エアアジア JAL ANA

1x1.trans 荷物料金まとめ ピーチ ジェットスター エアアジア JAL ANA

1x1.trans 荷物料金まとめ ピーチ ジェットスター エアアジア JAL ANA

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

これで海外への旅行もかなり身近になってきました。

 

 

ただこの格安航空便も上手に使わないと
かなり損をしてしまうことになるんです。

 

 

上手に乗りこなすコツについては
年末年始 国内・海外旅行 機内で便利な持ち物リスト!
の中で解説しています。

 

 

そして、格安航空便の注意点の中で
挙げている、機内持ち込み荷物と預け荷物(受託荷物)
についてある程度知っておくことが大切です。

 

 

このページではその荷物料金についてのまとめを載せています。

 

 

是非参考にしてください。

 

各航空会社の荷物料金まとめ

 

同じ格安航空会社の中でも、それぞれで
荷物に付いての料金や規定が違ってきます。

 

 
以下に、主だった格安航空会社(エアアジア、ジェットスター、ピーチ)
の3社と、日本の主要航空会社(JAL、ANA)の2社の料金等を
比べていきます。

 

 

 

荷物の量によっては、実は格安航空よりも
通常の航空会社の方が安く付いたり、サービス等を
考えるとそっちの方が良かったってこともありますので
しっかりと比べてみられることをおすすめします。

 

スポンサードリンク

 

エアアジア

 

・機内持ち込み手荷物

 
重さ   7㌔以下

大きさ  56㎝ × 36㎝ × 23㎝ 以内

※ハンドバッグまたはパソコンバッグは別に持ち込みOK

結構シビアに7㌔の制限を守ったほうが無難ですね。

 

 

・預け荷物(受託荷物)

 

これに関しては、路線によって値段が変わってきますので
こちらのページで出発地点と目的地点を
入力して確認することができます。

 

ちなみに、国内線では15㌔、20㌔、25㌔、30㌔、40㌔
国際線では20㌔、25㌔、30㌔、40㌔
の重量を設定することができます。

 

大きさは、81㎝×119㎝×119㎝を超えないようにしなくてはいけません。

1x1.trans 荷物料金まとめ ピーチ ジェットスター エアアジア JAL ANA

 

 

そして、必ず事前にオンラインで預け荷物の
予約をしておきましょう。

 

 

当日の申し込みになるとかなり高く付いてしまうので。。。

 

ピーチ

 

・機内持ち込み手荷物
重量  10キロ以下

大きさ 3辺の和が115㎝以内 かつ 55×40×25㎝以内

ハンドバッグ等身の回り品は別に持ち込み可能

 

 

・預け荷物(受託荷物)

 

路線によって料金が変わってくるので
こちらのページを参照ください。

 

 

ジェットスター

 

・機内持ち込み手荷物
エコノミークラス  主要手荷物1個と小型品目1個 計10㌔以下

 

※パシフィック航空便は7㌔までとなっています
ビジネスクラス   主要手荷物2個と小型品目1個 計20㌔以下
1x1.trans 荷物料金まとめ ピーチ ジェットスター エアアジア JAL ANA

 

 

・預け荷物(受託荷物)

 

国内線はこちらを参照ください ⇒ 料金表

 

国際線に関しては、15㌔から5㌔単位で40㌔まで設定可能です。

 

 

たとえば成田からケアンズ行きの片道で
20㌔までが約3300円ほどかかるようです。
これら格安航空便は、できるだけ預け荷物を減らし
可能な限無料の機内持ち込み手荷物で済ませるよう
工夫することが安く済ませるコツであると言えます。

 

 

 

ただし、持ち込み手荷物も重さ制限を超えないよう注意しましょう。

 

 

では次に日本を代表する航空会社、
JALとANAも見てみましょう。

 

 

JAL

 

・機内持ち込み手荷物

 

重量   10㌔以内

大きさ  3辺の和が115㎝以内 かつ 55×40×25㎝以内

身の回り品(ハンドバッグ、ショッピングバッグ等は別)

 

1x1.trans 荷物料金まとめ ピーチ ジェットスター エアアジア JAL ANA

 

 

・預け荷物(受託荷物)

 

エコノミー   23㌔を2個まで無料

ファースト・ビジネス 32㌔を3個まで無料

 

 

ANA

 

・機内持ち込み手荷物

 

重量   10㌔以下

 

大きさ

100席未満の比較的小さな機体
3辺の和が100㎝以内 かつ 45×35×20㎝以内

100席以上の比較的大きな機体
3辺の和が115㎝以内 かつ 55×40×25㎝以内

 

100席以上以下の見分け方はこちらも参照ください ⇒ 

 

・預け荷物(受託荷物)

 

20㌔まで無料 (プレミアムクラスは40㌔まで)

3辺の和が203㎝以内

※荷物の個数はトータルで上の条件以内であれば制限はない

 

 

まとめ

 

このように、格安航空便と言っても荷物によっては
安くならないということもあるわけです。

 

 

上にあげた中でいえば、荷物に関してはJALが
非常に条件が良いようですね。

 

 

もし、かなりの量の荷物なのであれば
それぞれを比較してみてどれが一番お得なのかを
考える必要があります。

 

 

また、旅行中のサービスという面ではやはり
格安航空便よりもJALやANAが断然素晴らしいです。

 

 

色々な面を比較してトータルで考えて行くことにしましょう。

 

それでは、良い旅を^^