だんだんと暖かさが増してくるにつれて、
花粉症持ちの私にとっては辛さも増してきておりますw

 

そんな中、考えるだけで心がウキウキしてくることと言えば、
そう、「夏ボーナス」ですよね。

 

1x1.trans 民間企業 夏ボーナス 支給日はいつ?公務員の支給日は○○だから…

 

そして、特に民間企業に務めている者にとっては、
その支給日は一体いつになるのか、
という点は毎年のように思ってしまいます^^;

 

もちろんもらえるならばの話になってしまうのですが・・・

 

スポンサードリンク

 

とりあえず、今年も夏ボーナスはしっかり出ると
仮定して、ではその支給日は果たしていつ頃になるのか、
考えてみましょう。

 

⇒ 2014夏のボーナスの平均予想額はいくら? 

 

公務員の支給日を基に考える

 

昔からの名残なのかどうなのか、
基本的にはボーナス支給時期も公務員の支給時期
を基にして支払われているようです。

 

そして、その公務員の支給日とは、
毎年6月30日と決まっているようですね。

 

ということで、必然的に民間企業もその前後が
支給日となっているところが多いわけです。

 

公務員の人たちは、毎年ちゃんと決められてるだけに
計算もしやすくてうらやましいですね・・・。

 

では、民間企業では統計的にはいつ頃が多いのでしょうか?

 

民間企業の夏ボーナス 支給日はだいたいいつ頃になりそう?

 

単刀直入に言うと、支給日が集中している時期は、
6月中頃から7月前半部分のようです。

 
やはり、ぴったり公務員の支給日前後に
集中しているようですね。

 

そして、その中でも一番多いのが
7月の最初の辺りみたいですね。

 

これには、ちゃんと理由があるようです。

 

一般的に7月最初が多いのはなぜ?

 

調べていて、特に7月最初の週の金曜日
支給日となっているところが多いようです。

 

なぜ、7月初旬なのか…

 

それは、特に中小企業に関して言えることですが、
月頭に様々な集金を済ませてから、ボーナスを支給したい
という会社側の思惑があるようです。

 

スポンサードリンク

 

会社が小さければ小さいほど、その体力も少ないわけで
「まずはお金を集めてから」ということになるのでしょう。

 

ただし、大企業になればなるほどこれよりも
早めの支給が予想されるようです。

 

たいてい大企業では6月の後半に支給されることが多いです。

 

中には、6月の前半が支給日だったという民間企業もありました。

 

こうした要素を考えると、自分の会社では
いつ頃が夏ボーナスの支給日となるのか、
ある程度の予測をつけることができますね。

 

※中には8月が支給日だったという方もおられましたので
あくまでも目安として考えてくださいね。

 

「夏ボーナス」今年は沢山出るといいですね。

 

まああまり期待せずに支給日を待つことにしましょう^^