女優の松嶋菜々子さんの美の秘訣や子育て法などを調べてみました!

 

スポンサードリンク

 

美の秘訣?

 
先日もスペシャルドラマ「レッドクロス」で20歳から40歳までの女性を演じられましたが、衰えぬ美しさに驚きますよね〜

 
実は、ジムに通いアスリート並みの生活を送っているそうなんです!

 
きちんと個人トレーナーもつけ、朝から赤みのステーキを食べたり、夜はプロテインも飲んで筋力がおちないようにしているそうです!

 
そしてこのジム通いを8年続けていて、一度もキャンセルしたことがないというから驚き!
美しさは1日にしてならず!ですね〜

 

 

元々、美の為というより体の不調から通い始め、激しい撮影にも耐えられる体力作りにもなっているそうです。

 
それでも、ダイエットには筋力をつけることが一番といわれているので一石二鳥でしたよね!

 

筋力は簡単にはつかず、しかも最初は体重も増加してしまうので挫折してしまう人が多いようです。

 

スポンサードリンク

 
しかし、筋力がつくと基礎代謝があがるので太りにくい体になり、結果的には一番理想的なダイエット法といわれています。

 
しかし、落ちるのも早い筋肉なので継続力も必要となります。

 
同時に精神力も鍛えられそうですね…

 

 

そして、松嶋さんの美しさといえば、やはり長身とキレイな姿勢ではないでしょうか?

 
もともと背が高いことがコンプレックスだったので猫背だったそうです!

 
両親から指摘されても治らなかったそうですが、女優業を初めて画面に映る姿をみて恥かしく思い、意識することで改善されたそうです。

 
自身の経験からも、本人が気付かない限り姿勢は治らないと言われていました。

 
わたしも、ショーウインドーに映る猫背の自分に愕然としましたが、腹筋も背筋も根気もない為、未だに猫背です…

 

 

そんな松嶋さんのお父さんも、70代半ばにして毎日二時間の筋トレをされていて腹筋が割れているのは当たり前なんだとか!もちろん姿勢もいいそうです!遺伝ですかね…

 

 

子育て法?

 
松嶋さんには俳優の反町隆史さんとの間に2人の娘さんがおられます。

 
長女は沙都(さと)次女は小夜(こと)という名前だそうです。

 
教育熱心で、何百万もかけて有名小学校の受験も2人とも合格させられました。

 
撮影で家を留守にするときは、子供たちの一週間のタイムシュケジュールも作っていくそうです。しかし、基本自分のことは自分でするようにも教えているそうです。

徹底してますね〜

 

 

それでも、撮影に入ると子供のことは気にならないし、電話もしないとか。
そうやって自立も促しているそうです。

 

 

教育ママだと何から何までやってあげて、勉強以外は何もできない子供になりがちですが、突き放すとこは突き放す子育て法なんですね。

 
また“子供といえども別人格だから思ったようにはならず、日々反省”とコメントされていた通り、別人格として尊重しておられるのも新鮮な印象でした。

 
それでも子供からは“すごい恐い”と恐れられているそうです…

 
昨今、親の権威がなくなっているので母としての権威も保っておられて素敵ですね!

 

 

夫の反町さんもその方針に協力的で塾の送り迎えや学校行事にもよく参加されているようです。

 

ドラマ「相棒」の出演も決まったところですが、これからも素敵な家庭を気付いていっていただきたいものです!