マー君(田中将大投手)が、日本時間の5月21日に、
2度目の対戦となるカブス戦に先発しました。

 

この試合は、マー君の無傷の7勝目をかけた一戦で
日米両国でもかなりの注目を集めた試合でした。

 

スポンサードリンク

結果から言うと、今回は6回を投げ8安打の4失点となり、
遂に2012年8月から日米を通じて重ねてきたレギュラーシーズンでの
連勝記録が34でストップしてしまいました。

⇒ マー君 カブス戦 3,4回の動画

 

メジャーで初の黒星を帰してしまったわけですが、
今回の敗戦の理由としては、もともと調子もあまり良くは
なかったようですが、それに加えて失点した3回から強く降り出した
雨によっても、制球が微妙に乱れてしまったようですね。

 

⇒ ヤンキース 5月の試合日程(日本時間) はこちらから確認できます

 

多少手元の狂いもあったかもしれませんが、やはりマウンドの
ぬかるみで足もとがいまいち定まらなかったというのが大きいかもしれません。

 

ただでさえ慣れないメジャーの堅いマウンドで、
雨が降ることによってさすがのマー君も調子を崩してしまったのでしょう。

 

ただ、ポジティブに考えると、これでマー君のプレッシャーも
かなり軽減されてのではないでしょうか。

 

これまで、連勝記録をどこまで伸ばすのかという点に
みんなの注目が集まっていたので、少なからずそのプレッシャーは
あったことでしょう。

 

相手チームに対する闘志よりも、そちらの方が
もしかすると大きくなっていたかもしれませんね。

 

でも、これでマー君も余計なことを考えずに
相手に向かってなげこんでいくことができるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

ヤンキースのファンの反応もマー君を責めるというよりは

「なんとか頑張って投げてるから、打撃陣は援護してやってほしい」

「これで、常勝というプレッシャーからは解かれるかな・・」

などと、田中を擁護するコメントが多かったようです。

 

まあ、彼はこれまでそれだけの仕事をしてますからね。

 

マー君本人も
「まだ、自分の投球のレパートリーを存分に出し切れていない」
とも語っていました。

 

ここからが、日本を代表するエース
田中将大の本領発揮です!

 

⇒ 田中の税金 恐るべし。。。