夏と言えば海水浴ですが、そこには危険もあるということを覚えておく必要があります。

 

特に、海には危険生物がたくさんいます。

その中でも、多くの人が被害にあっているのがクラゲです。

 

今日は、そのクラゲに刺されたときの正しい処置の仕方と、薬について紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

特に夏の終盤あたりになると、クラゲに刺されってしまったという話をよく聞きます。

では、実際に自分自身や友達がクラゲに刺されてしまった場合どうすれば良いのでしょうか?

 

クラゲに刺されたら・・・

 

1.落ち着いて陸に上がる

 

海を泳いでいると、突然腕や足が激しい痛みに襲われて、周りを見みるとクラゲがいた・・という状況に出くわすことがあるかもしれません。

 

このとき、ついついやってしまいがちなのは、痛みが生じた部分をすぐに触ることです。

 

でもこれはNGです。

なぜかというと、クラゲの触手がまだ残っているかもしれず、触ろうとした手までもが被害にあうかもしれないのです。仮に、触手が残っていなかったとしても、触ってこすったり掻いたりすることによって患部の状態を悪化させることになってしまいます。

 

ですので、まず第一段階としては、パニックにならずに落ち着いて陸を目指しましょう。

 

2. 海水で洗い流しつつ触手等を取り除く

 

陸にあがった後、次の段階でさらにやってしまいがちなのは、水道を使って真水で洗いす行動です。

 

これもNGです。

 

その理由は、もし触手がまだ患部付近に残っていた場合、真水によって刺激を与えてしまうことになり、さらなる被害を生み出しかねません。

 

なので、触手に刺激を与えない海水で患部を洗い流しつつ、毒針や触手を取り除きましょう。

このとき、もちろん素手で行わないようにしてください。ピンセットか、それがなければ箸のようなものを使ったり、ゴム手等をはめて処置を行いましょう。

 

3.幹部を冷やすか温める

 

冷やすか温めるというのはどういうことなのでしょうか・・?

 

まず、冷やすってのは患部の炎症を抑えるために効果があります。

逆に温めるというのは、クラゲの毒というのは主にタンパク質成分でできているため、熱に弱いのだそうです。なので、熱を加えてやることによって、毒の働きを抑えることができるというわけです。

 

スポンサードリンク

 

4.落ち着いたら患部にステロイド系の軟膏を塗る

 

ここまでくれば、だいぶ落ち着いてきたと思います。

 

このあとできることは、薬を塗ることです。

 

クラゲ等の毒性の生き物に刺された場合、自分で使用することのできる薬はステロイド系の軟膏を塗ることです。

 

ステロイドには患部の炎症を押さえる働きがあります。

 

薬局で簡単に手に入りますので、一つ持っていても良いでしょう。

 

たとえば、「ウナコーワA」「液体ムヒS」などもピッタリです。

 

ただし、これらの薬はアトピー体質の方にはあわない場合がありますので、気をつけましょう。

 

時間がたっても、痛みや腫れが引かない場合はためらわずに病院に行くことをおすすめします。

 

結局は、それが一番の近道で安心な方法ですね^^