D-BOYSの柳浩太郎くんが、ブログで芸能活動の長期休業を発表しましたね!

 

交通事故による「高次脳機能障害」が原因みたいです。

 

これはいったいどんな病気なのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

高次脳機能障害

 

病気や事故により、脳に記憶障害がおきた状態のことです。

 

柳くんも、事故で頭を打ち、脳挫傷とクモ膜下出血になったことで発症しました。

 

これは脳の病気なので、身体障害と違い認知されにくく、“隠れた障害”“静かな障害”ともいわれています。

 

症状

具体的にはどのような症状があるのでしょうか?

 

以下にまとめてみました。

 

・記憶障害

 

新しいことも、昔のことも思い出せない。
約束・場所・名前なども思い出せない。

 

・注意障害

 

集中して物事に取り組めない。
ぼーっとしている時間が長くなる。

 

・逐行機能障害

 

計画ができない。
効率よく仕事ができない。

 

・社会的行動障害

 

急に怒ったり泣いたりし、感情のコントロールができない。
我慢ができなくなり子供のようになる。

 

 

これらは脳の病気ゆえにおこるのですが、性格なのか病気なのか判断が難しいですね。
とくに子供が我慢できなかったり、集中できなかったりすると、しつけと思って怒ってしまいそうです・・

 

 

これらの症状が当てはまるなら、きちんと検査することが大切ですね!

 

スポンサードリンク

 

治療法

 

残念ながら、手術や薬による治療は今のところないみたいです・・

 

しかし、早い段階で(一年以内)リハビリすれば改善する病気だといわれています。

 

柳くんのも、この機会にしっかりリハビリして早く戻ってきてほしいですね!

 

最近では、高次脳機能障害を助けるアプリもあるみたいです。

 

“あらた”というアンドロイドのアプリで、次にすべきことをタブレットが教えてくれます。

 

一日のタイムスケジュールを表示してくれ、時間になると、キャラクターがメロディーと音声で教えてくれます。

 

また、行動漏れを防ぐためのチェックリストが表示されたり、人の名前を覚える補助機能もついているそうです。

 

介護する側もされる側も助かるアプリですね!

 

病気について調べていると改めて、脳のすばらしさも実感します。

 

私たちが脳を動かそうと努力しているわけではないのに、複雑な作業をやってくれています。

 

脳の働きゆえに当たり前のことが当たり前に行えるのです。

 

毎日の生活のなかで、ヘルメットをきちんと装着したり、血液サラサラを心がける食生活をしたり、脳を守ることを心がけていきたいですね。