Ⅱ 食べる量

 

だいたい、一日のどのくらいの量を食べればよいのか、
という点も気になる部分です。

 

食べる時間帯を、工夫したとしても、やはり食べる絶対量が
多すぎては、ダイエットは不可能になってしまいますよね。

 

ただし、この一日の摂取カロリーに関しては、
それぞれの運動量や、年齢等に応じて多少変わってくるので、
一概にはっきりということは難しいのですが、
だいたいの目安で言うと、一日に1500カロリー~1800カロリー
目指すようにしていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

ただし、これを毎日厳格に何が何でも守り通そうとすると、
ストレスをためてしまったり、気力が続かなくなってしまうかも
しれないので、あくまでも目安としてとらえてください。

 

だからと言って、毎日2500や3000カロリーを摂取していては
太る一方ですので、ある程度の努力はしていきましょう。

 

要するに、両極端は避けるということですね。

 

2週間頑張ったから、今日はご褒美に大好きなケーキを食べる、
というように自分の中で無理なくバランスを取りながら続けましょう。

 

Ⅲ 食べ方

 

そして、もうひとつ食事を取る際に工夫できる分野が、
「食事の食べ方」です。

 

「よく噛んで食べる」、「水分も十分に取る」
というのは基本的なこととして、知っておられるでしょう。

 

もちろん、この基本的なこともしっかりと行うようにしましょう。

 

最低10回ほどは噛んで食べるというように心掛けるのもいいと思います。

 

また、水分をこまめにしっかりと取っていくというのは、
健康的にも、そして美容の面でも非常に効果のあることです。

 

ちなみにプロのモデルは、一日に軽く1.5リットル以上は水を飲むようです。

 

スポンサードリンク

 

そして、これらに加えて実践していきたいのは、
「食べる順番」に気を使うということです。

 

1x1.trans 【短期間 簡単ダイエット方法】 少しの工夫を重ねていくだけで…

 

食事のときには、最初の一口をいつも
野菜から手をつけるようにしましょう。

 

こうすることによって、体内の血糖値の上昇が
抑えられて、脂質の吸収もかなり緩やかになるようです。

 

最初に、ご飯や肉類に手をつけると、
その逆となってしまうので気をつけましょう。

 

これもかなり簡単に実践できることですよね。

 

是非意識しておきましょう。

 

その2 運動

 

「食事」に加えてもうひとつダイエットに欠かせないのが「運動」です。
これも、誰もが大切さは知っている分野ではありますが、
最も挫折しやすい分野であるとも言えます。

 

というのも、みんな毎日忙しい生活を送っていますし、
今までやっていないことを、新たに続けていくというのは
かなりのエネルギーがいることであり、三日坊主になりやすいのです。

 

 

 

そんな中でも、だれでも比較的簡単にできる運動方をまとめてみました。

 

次のページに続きます

< 前ページ 1 2 3 次ページ >