マンチェスターユナイテッドの香川真司選手の今後の動向が騒がれてますが、移籍がかなり濃厚ではないかとの見方があるようです。

 

1x1.trans 香川 移籍は決定的か!?ファン・ハールのもとでは・・・

 

その理由は意外と単純なものだったりします。

 

スポンサードリンク

 

香川真司 移籍の可能性

 

昨シーズンは香川選手にとってかなり我慢のシーズンでしたが、今シーズンもそう簡単ではなさそうです・・。

 

⇒ ミラン 本田は上り調子!?

 

今シーズンから、監督がファン・ハールに変わり、香川の出場機会の増加も期待されていたのですが・・・

 

ライバルが多すぎる?

 

チーム内での香川のライバルといえば、言わずとと知れた「マタ」ですよね。

 

おそらくファン・ハール監督はマタを中心に起用してくる可能性が高いです。

 

しかも、それだけではなくおそらくアルゼンチン代表のディ・マリアも加入してくることが濃厚といわれています。

 

彼も、おそらくトップ下の位置で起用されそうです。

となると香川は、その3人の中でポジションを争わなければいけないということになるわけです。

 

6月のWカップで香川がひと際素晴らしい活躍を見せていれば今の状況は少し違っていたかも知れませんが、今たらればの話をしても仕方がないですね。

 

ファンハールはもう見切りをつけている?

 

ファンハール監督ってはっきりしてますね。

 

香川について、「彼は10番のトップ下の選手」と明言していて、さらに「そのポジションにはマタかいる」とはっきり言っちゃってるんですよね。。。

 

つまり、監督の構想の中では「マタの補欠」だということですね。

 

香川はボランチで試されるかもしれないと言われていましたが、それもどうやらなさそうです。

 

もともと守備がうまい選手ではありませんからね。

 

ファンハール監督のもとでは、出場チャンスはかなり少なそうです。

 

移籍か残留か

 

これから香川選手は難しい決断を迫られることになりそうです。

 

出場機会がほぼ絶望的でも、マンUにこだわって移籍するのか、それとも他のチームに移籍するか・・・

 

この選択に正解というものはないですが、本人のことを考えると移籍を選択すべきではないかと私は思います。

 

スポンサードリンク

 

Wカップでも明らかだったように、香川選手はずっと試合に出ているべき選手です。

 

試合勘を失ってしまうと、これほど動きが悪くなってしまうのかと、ブラジルワールドカップでは痛感させられました。

 

まだ、年齢的にも落ち目の選手ではないので、今はもっと試合に出るべきではないでしょうか。

 

マンUに残っても、マタとディマリアの壁を越えてポジションを奪い取るというのは至難の業でしょう。

 

ファンにとっても、香川選手がプレーしている姿を見るのが何よりうれしいですからね。

 

いずれにしても、ヨーロッパでさらにもう一花、二花咲かせてほしいですね。