カビ肺炎という名前を最近よく聞くようになりましたが
この病気の症状と対策についてまとめました。

 

1x1.trans 【カビ肺炎】 症状と対策 夏型過敏性肺炎 

 

このカビ肺炎は普通の風邪と勘違いされやすく、
放っておくと命にもかかわることもある病気のようです。

 

スポンサードリンク

 

 

カビ肺炎(夏型過敏性肺炎)症状と対策について

 

このカビ肺炎は夏型過敏性肺炎と言われている病気で、
その名の通り原因となるのは、カビです。

特に、トリコスポロンというカビの一種が
体内に入りアレルギー反応を起こすことによって
肺炎の症状を引き起こすようです。

 

時期としては、夏前の梅雨のじめじめした時期に
発症しやすくなります。

 

カビ肺炎 そんな症状がでるの?

 

このカビ肺炎の特徴的な症状としては、
「微熱や咳」などの普通の風邪と似た症状がでます。

 

ただし、風邪とは違うため、風邪薬をのんでも
効果はほとんどありません。

この病気は環境にかなり左右されるもので、
そのカビが発生している場所から離れて、数日すると症状がなくなり、
また原因のある場所に戻ってしばらくすると再び発症することになります。

 

さらにこのカビ肺炎は夏に決まって症状が出る
という特徴もあります。

 

このような症状に心当たりがあるなら、
もしかするとカビ肺炎になっているのかもしれませんね。

 

カビ肺炎の対策

 

カビ肺炎の対策としては、根本的な原因を
取り除くことが一番大切と言えます。

 

つまりカビの生えにくい環境を作ると言うことですね。

 

スポンサードリンク

 

特に気密性の高いマンションやアパートに
住んでいる方はカビが生えやすいという意味で要注意と言えます。

 

気を付けるポイントとして、
エアコンを使っているなら、使用した後に内部に水滴が
付着していることが多いので、しばらく送風にするなどして
乾燥させる
ことを心がけましょう。

さらには、窓を開けて部屋の換気をこまめにするのも効果的です。

 

梅雨の時期は洗濯ものも部屋の中に干しがちですが、
なるべく部屋干しは控えましょう。

外に干せないのであれば、コインランドリーで
乾燥させるなど
して、カビの発生しにくいい環境づくりを心がけてください。

 

家具どうしの隙間や窓等も、カビが発生しやすい場所なので、
風通しを良くする工夫をしたり、窓に水滴や曇りがついたままに
ならないように、こまめに拭いたり換気をこまめにしましょう。

 

そして、自分がカビ肺炎の症状に当てはまっているのかな
と感じたら早めに病院に行き医師の診察を受けるようにしてください。

 

ひどくこじらせてしまうと厄介ですし、
場合によっては死に至ることすらあるようですので、
油断は禁物です。

 

我慢しても良いことはあまりありませんからね^^

 

ちょっとした工夫で、この厄介なカビ肺炎から
家族や自分を守るための予防をしていきましょう。