胃がんの手術を受けていた俳優の市村正親さんが、復帰会見を行われました。

 

1x1.trans 胃がんの早期発見法と腹腔鏡手術の4つのメリット 市村正親さんも早期発見に成功!

6月に魚料理にあたり急性胃炎で入院していたところ、妻の篠原涼子さんに胃の精密検査を進められたことで、胃がんの早期発見につながり、今回の復帰会見に至ったということです。

 

スポンサードリンク

 

今回の会見で、「妻は命の恩人」と語り夫婦の絆をアピールしていましたね。

 

早期発見?

 

胃がんは早期発見がとても難しいといわれています。なぜなら症状が、胃の痛み・不快感・違和感・胸焼け・吐き気・食欲不振といった胃炎や胃潰瘍の症状と同じだからです。

 

そのため、症状にあう薬を飲んで様子をみているうちに、あっという間に進行して死に至ります。

私の友人もまさにそのパターンで、発見から1ヶ月で亡くなってしまいました。

 

ですので、早期発見の為には薬を飲むより病院に行くことをお勧めします。

 

40歳以上であれば、無料~2000円前後で胃がん検診を行えます。

また、篠原涼子さんがされたように家族が良いアドバイスを与えることも大切です。

 

3年ごとに15万のボーナスがもらえる入院保険
(特にがんによる入院に強い)

とりあえず資料請求はこちら ↓↓ 

女性のための入院保険「フェミニーヌ」
1x1.trans 胃がんの早期発見法と腹腔鏡手術の4つのメリット 市村正親さんも早期発見に成功!

 

 

腹腔鏡手術?メリット?

 

今回市村正親さんは、4時間半の腹腔鏡手術により悪性部分をすべて切除されました。

 

腹腔鏡とは、お腹の中をみるカメラのことです。

 

お腹に5~10ミリの小さな穴を4.5箇所開けて、カメラと器具を入れ、モニターを見ながら手術します。

 

胃がんにおける腹腔鏡手術は日本で最初に導入され、その有効性から多くの病院でも導入されつつあります。

従来の開腹手術に比べてどんなメリットがあるのでしょうか?

 

メリット1

 

開腹手術は20センチ切るのに対し、腹腔鏡手術は1センチ程度切るだけなので、術後の痛みも少なく、見た目も良い。

 

メリット2

 

他の臓器に与える影響も少ないので、回復が早い。

 

メリット3

 

出血も少ないので、輸血の可能性も低く、輸血による病気や治療費高騰も防げる。

 

メリット4

 

保険も適用される。

 

 

実際、市村正親さんも手術後約2週間で退院され、10月上旬からは、ミュージカル「モーツアルト!」の稽古に入られるとか・・

65歳という年齢を考えても、驚きの回復ですね!

 

早期発見できるかできないかで、結果はこんなに大きく変わってくるということですね。

 

ぜひ、定期的な健康診断を実施していきたいものです。

 

それと、気になるのは病気をした後の費用です。

無料で見直ししてくれるサービスがありますので、賢く利用して節約&将来の備えをしましょう!
↓↓

⇒ 保険料の最適化で賢く節約!『保険の優等生』無料相談
1x1.trans 胃がんの早期発見法と腹腔鏡手術の4つのメリット 市村正親さんも早期発見に成功!