11月後半に入って日本もかなり寒くなってきましたね。

 

多くの人たちは、「寒くなってきた・・・」ということで
若干気分が下がり気味になるのですが、寒さが増すにつれて
気分が高揚してくるという一部の人種がいますw

 

それが、ヒラリスト(ヒラスズキ釣りをする人)です。

1x1.trans ヒラスズキタックル ラインの選び方 

基本的にヒラスズキは、警戒心の強い魚で、
海がないでいる時にはなかなか釣るのが難しくなります。

 

なので、冬の寒波が来て海が時化てサラシが広がった時に
釣れるチャンスが訪れるというわけです。

 

スポンサードリンク

 

ただし、このヒラスズキ釣りというのは
危険も伴う釣りとなるので、ある程度の知識や
経験、そして装備がどうしても必要です。

 

これらが足りないと、安全に釣りを楽しむことができず
ストレスを感じながらの釣りとなってしまいます。

 

ということで今日はヒラズズキタックルの中の
ラインについてのお話をしたいと思います。

 

と言っても、管理人の知識の範囲内での話となりますので
すべての情報が正しくて、どんな状況にも当てはまる
訳ではないので参考として見ていただければ幸いです^^;

 

どのラインがおすすめ?

 

一口にラインと言っても、今は数多くのメーカーが
無数の種類のラインを出しています。

 

1x1.trans ヒラスズキタックル ラインの選び方 

 

まず、ヒラスズキ釣りをする人の間では
ナイロンライン派とPEライン派に分かれています。

 

ナイロンラインの良いところは、若干ラインが伸びる
つまりクッション性があるということです。

 

これによって、魚のバラシ
(針にかかったにも関わらず逃がしてしまうこと)
が激減するのです。

 

ただし、デメリットとしてラインの寿命が短い
という点が挙げられます。

 

逆にPEラインは、ほぼラインの伸び縮みがないので
魚はバラシやすいといえます。

 

しかしその反面、手元に魚のアタリが直に伝わってくるので
海の中の状況を知りやすく、楽しさも倍増します。

 

さらには、ラインが海水を吸収しないので
寿命は非常に長い点もうれしいです。

 

最近ではほとんどの方がこのPEラインを使っておられると思います。

 

バラシやすいという点については、
テクニックでカバーすることもできますし、
リーダー(PEラインとルアーの間に結ぶライン)
を多少長めにとることによっても若干の
クッションをつけることも可能です。

 

ちなみに私もPEラインを愛用しています。

 

このPEラインにも沢山の種類がありますね。

 

なので、実際にはどれが適しているのだろう?
と疑問に思われるかも知れません。

 

スポンサードリンク

 

まず、ヒラスズキ釣りに求められるのは
細くて強いということです。

 

当然、どの釣りにおいて求められることではありますが、
ことヒラスズキ釣りにおいては、他に増して
この点がものすごく大切なのです。

 

なぜなら、たいていの状況下では
強風が吹きあれる中でルアーを狙った場所に
キャストしていかなくてはならないからです。

 

ラインが太いと風の影響をもろに受けてしまいます。

 

1x1.trans ヒラスズキタックル ラインの選び方 

 

なので、できる限り細い方が
コントロールしやすいというわけです。

 

しかし、細すぎると今度は別の問題が生じてきます。

 

それは「根ズレ」によるラインブレイクの問題です。

 

この釣りをしていると、風にあおられてラインが
磯にすれてしまったりして気付かないうちにラインに
傷が入り傷んでいるということが多くあります。

 

それに気づかず続けていると、待望のヒラスズキが掛った
その次の瞬間にラインブレイク・・・
という悲惨なことになってしまうのです。

 

私も何度も経験があります・・・w

 

これほど悔しいことはないです。

 

もちろん、こまめにラインの痛みをチェック
していく必要がありますが、ラインが細すぎると
このラインブレイクの危険度は増します。

 

なので、ある程度の太さと強さは欲しいところです。

 

私の経験上では、号数で言うと「2号」や「2.5号」と
表記されているPEラインがちょうど良いように思えます。

 

もちろんそのポイントに障害物がほとんどなく
飛距離がもっと必要な場合には、さらに細いラインが
良いかもしれません。

 

その逆も言えます。

 

ただ一般的に凡庸性が高いものとして
わたしはこの号数をおすすめします。

 

この太さであればたいていの場所で
ヒラスズキ釣りを楽しむことができます。

 

管理人の愛用しているライン

 

ちなみに私、今までいろいろなラインを試した結果
たどり着いたのがこのラインです。 ↓↓

 

1x1.trans ヒラスズキタックル ラインの選び方 

サンライン(SUNLINE) SaltWater Special キャストアウェイPE 200m 2号

新品価格
¥3,990から
(2013/11/28 22:44時点)

1x1.trans ヒラスズキタックル ラインの選び方 

1x1.trans ヒラスズキタックル ラインの選び方 

サンライン(SUNLINE) SaltWater Special キャストアウェイPE 200m 2.5号

新品価格
¥3,675から
(2013/11/28 23:23時点)

1x1.trans ヒラスズキタックル ラインの選び方 

 

サンラインのキャストアウェイシリーズですが、
このPEが適度にコシがあり、しかも細くて強いのです。

 

2号でも30LB、2.5号ではなんと40LBもあります。

 

150mのものもありますが、私はここにある
200mもののラインをいつも買います。

 

200mはもちろん買うときは少し高いのですが、
ヒラスズキゲームのようなラインが痛みやすい釣りでは
定期的に傷んだ部分ををカットして行くようになるので
この50mの差が非常に大きいのです。

 

200mのラインならたとえ50mカットしても
まだ150m残っているわけですので・・・

 

後のことを考えると経済的なのです。

 

ちなみに個人的には、2.5号を多用しています。

 

なぜなら、青物(特にヒラマサ)がいる場所で
ヒラスズキゲームをすることが多いからです。

 

ヒラリング中にヒラマサが食ってくる
ということはけ結構あるんです。

 

本当にヒラマサを獲れるかどうかは別として
やっぱり少しでも太い方が安心感がありますからねw

 

どうしても飛距離を稼ぎたいなら2号を選びましょう。

今年もついにヒラスズキシーズンがやってきました!

 

早く最初の1匹が見たいですね~^^

 

 

⇒ シーバスの正しい知識とテクニック

 
⇒ ヒラスズキ おすすめルアーはこれ!