ヒラスズキのシーズンと言えばやはり晩秋から春先にかけてをイメージしますよね。

 

でも、意外と秋のシーズンって、釣り方を間違うと釣れなかったりします・・

特に、晩秋の冬に入る時期というのは、難しくなってくることが多いです。

 

1x1.trans ヒラスズキ 釣り方 秋の狙い方  秋のおすすめルアーも

 

この記事では、そんな秋の釣り方について書いていきます。

参考程度に聞き流してくださいw

 

スポンサードリンク

 

秋は、釣りのシーズンとも言える時期です。

 

ショアジギングでも、色々な魚が狙えるようになりますし、餌釣りでも釣りものが多くなります。

 

そんな中、ヒラスズキシーズンもやっと開幕だ!と胸をときめかせている方も多いと思います。

 

1x1.trans ヒラスズキ 釣り方 秋の狙い方  秋のおすすめルアーも

 

では、まず夏から秋にかけての釣り方を見ていきましょう。

 

秋口のヒラスズキの釣り方

 

秋口の磯はまだ夏の感じが残っていて、釣り方も夏に近い釣り方が向いていることが多いです。

 

夏のヒラスズキの釣り方については、【ヒラスズキ 釣り方 夏の時期】の記事で解説していますのでこちらも参考にどうぞ。

 

この時期は、時化のタイミングを待っているとなかなか釣行ができなくなります。

なので、大潮のタイミングで若干の風がある日、そして流れのある潮通しの良いポイントを狙うことが多いです。

 

そしてそこにベイトがいれば、サラシがかなり薄くても可能性はあります。

 

狙いどころとしてはそんな感じでしょうか。

 

この時期はヤズや小型のカンパチなど不意の青物もかかることがあり、結構楽しいです。

 

時には嬉しい外道のハガツオなんかも掛かります。

 

 

まとめると、秋口のポイント選びの鍵は、”潮通しの良い場所でベイトがいるところ”ですね。

 

そして、大潮の潮回りであれば少しの風でも若干のサラシが出やすくなりますので、ヒラスズキの警戒心も薄れ、釣れやすくなるわけです。

 

スポンサードリンク

 

 

秋口に活躍するルアー

 

秋口にあったほうが良いルアーとしては、広範囲に探れるジグ系、サラシが薄い時のためのクリア系ミノーとトップウォータープラグを挙げます。

 

ジグ系は、40グラム前後の後部重心でないものを使うことが多いです。

 

後部重心の場合、水中フォール時にアピールが少なくシーバス系には向いていないように感じます。(個人的な意見ですが・・・)

 

 

クリア系ミノーは、 ↓↓

 

1x1.trans ヒラスズキ 釣り方 秋の狙い方  秋のおすすめルアーも

 

がおすすめですね。
実績抜群です。

 

トップウォーターは、

 

 

 

などが実績があり、青物にも効きます。

 

 

晩秋の狙い方

 

晩秋の冬間近の季節になると、水温も少しずつ下がってきます。

 

特に、寒波が来始める季節はヒラスズキを釣るのが非常に難しくなってきます。

 

寒波が来れば時化るから、「ヒラスズキ釣りには良いじゃないか」と思われるかも知れませんが、急激な水温低下によって食いが急に渋くなってしまいます。

 

ですので、この時期は水温も考慮に入れた釣行時期とポイント選びをするようにしましょう。

 

つまり、急激な水温低下が起こったのであれば、比較的水温が安定しやすいポイントがどこかを考えるわけです。

 

そういう場所には、当然生命力の弱いベイト達が集まってくるようになります。

 

そうなると、必然的にフィッシュイーター達もその付近に寄ってきます。

 

水温が安定していて居心地がよく、なおかつ餌となるベイトもたまっている場所に魚が来ないわけがありませんからね。

 

要は、そういうポイントを見つけることです。

 

水温が安定しやすい場所というのは、ある程度の水深ががある場所です。

 

さらには、日光がしっかりあたるような場所で、急激な流れの無い場所ということになります。

 

となると、「比較的水深のあるワンド付近」を中心に考えていくことになります。

 

逆に流れの速いシャローエリアなどは水温の変化も激しく、秋口にはたくさん釣れたポイントだったとしても、寒波襲来時にはかなり厳しいものがあると思います。

 

ベイトも、そんな過酷な場所には付きませんからね^^;

 

晩秋に活躍するルアー

 

この時期に持っていたほうが良いルアーとしては、風に負けないものが挙げられます。

 

遠くのサラシに打ち込んでピンポイントを狙うシンキングペンシル ↓↓

 

 

 

大荒れのときにも、しっかり泳いでくるバイブレーション ↓↓

 

 

これらのルアーがあると、風が強く大荒れのときにも重宝します。

 

寒波が来ると予想以上に海は荒れたりしますので、ぜひ安全にだけは細心の注意を払って釣りを楽しみましょう。

 

⇒ ヒラスズキで使える レインコート・ウェーダー・ウェットスーツ あなたはどれ派??