ヒラスズキは基本的にはほぼ年中狙うことのできる魚です。

 

ただし、その中でもやはり釣りやすい時期とそうでないシーズンがあることも事実ですね。

 

スポンサードリンク

 

では、1年の内でもっとも釣りやすい時期とはいつになるのでしょうか?

 

冬は難しい?

 

ヒラスズキ釣りと言えば、真冬の荒波の中サラシを狙って釣りあげるというイメージを持っている方が少なくないと思います。

 

その通り、真冬は海が時化ることが多く、サラシが発生しやすい状況となりヒラスズキを狙いやすくなります。

 

ただし、真冬は魚にとってあまり嬉しくない「水温の低下」が起こり、活性は下がっていく傾向になるようです。

 

なので真冬でヒラスズキを大釣りできたという話は、あまり聞くことはないですね。
上手に釣行日を合わせていかなければ、時化による水温低下と重なってしまい、さっぱり反応がない・・ということも多くなってくると思います。

 

さらには、寒波による時化を狙って釣行したはいいものの、波が高すぎて釣りにならないという無情な仕打ちに遭ってしまうことも珍しくありません。

 

こういった意味でも、真冬はなかなか難しい時期とも言えるかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

春は釣れる?

 

私は、1年間を通して最も釣りやすいのは春のシーズンであると感じています。

 

春は、冬に下がってしまった水温が徐々に上昇していくシーズンとなり、魚の活性もあがっていくことになります。

 

さらには、気候も良くなってくるのでアングラー側としても、釣りやすくなりますしね。

 

特に春は南西系の風が強く吹くことが多くなります。

 

この時の時化に合わせて釣行を組み立てていけば、かなりの確率でヒラスズキをゲットできるでしょう。

 

春の中でも、4月と5月が狙い目です。
(北部九州の話)

 

3月の特に前半はヒラスズキの産卵と時期がかぶってしまうことも多く、疲れきっている魚体が多い傾向にあり、アグレッシブにアタックしてくることがあまりありません。

 

6月は、釣れるには釣れるのですが、気候も熱くなってきているので、晴れた日などは結構きついですww

 

そういったことを踏まえて、やはり4、5月がお勧めのシーズンと言えます。

 

さらに言えば、春はサラシなどのポイントに対し、数匹単位のヒラスズキの群れが入れ替わり立ち替わり移動していたりするようで、一つのポイントに対しても少し時間をおけば、別のやる気のある個体が入ってくるということもあり、かなり釣りやすく感じています。

 

ただし、秋や冬程の大型はあまり期待しないほうが良いようですね。

私も、今まで釣ったヒラスズキの80以上はすべて秋、冬シーズンに釣っています。

 

というわけで、難しいけど大型を狙いたいなら秋か冬、そこそこサイズを確実に釣りたいなら春、と言った具合でしょうか。

 

いずれにしても、お互いに無理のない安全な釣行を心がけていきましょう^^