あなたが、ヒラスズキを長年やって来られたのであれば、よく分かっていると思いますが、ヒラスズキのポイントというのは毎年大きく変化していくものではありません。

 

もちろん、ベイトの有無によって多少前年と行動パターンが違うということはありますが・・・

 

ということで、今回は私がよく通っている北九州のおすすめヒラスズキポイントを一つだけお伝えしますw
(あまりキャパのないポイントまですべて公開してしまうとそのポイントがつぶれてしまう可能性があるので・・^^;)

 

スポンサードリンク

 

九州の中で、渡船も使わずに誰でも行くことができ、なおかつヒラスズキのキャパシティがあるポイントと言えば、勘の良い人はもうお気づきかもしれませんね。

 

そう、生月島です。

ここは、島全体がヒラスズキポイントと言っても過言ではないくらいのポイントです。

 

1x1.trans ヒラスズキ ポイント 北九州  やっぱココでしょ!!

 

平戸島から、さらに橋で渡されている島です。

何年前からか忘れてしまいましたが、橋の料金も無料になったためかなりアクセスが良くなりました。

 

まあ、その分アングラーの数も増えてしまっているのですが・・^^;

 

それでも、今だに釣れ続けている程のキャパシティがこの生月島にはあるのです。

ヒラスズキだけでなく、大型シイラやヒラマサ等の実績も抜群ですし、ショアからカジキが上がったことでも有名になりましたよね。

 

ロケーションも素晴らしく、釣れなくても、そこで釣りをできたというだけで満足できるようなポイントです。
(経験談w)
ただ、この生月島、小さな島とはいえすべてのポイントを歩いて回れるほど小さくはありません。

 

ですので、この島の中でも特にヒラスズキの実績が上がっている場所をご紹介しましょう。

 

スポンサードリンク

 

生月島のヒラスズキポイント

 

まず、この生月島でのおすすめの潮は、中潮~大潮です。

そして、潮がかなり下げた時がチャンスが多いと個人的には感じています。

 

その方が、狙えるポイントがたくさん出てきますし、なにより釣りやすいです。

 

波高は北西の風であれば、2.5~2.0が一番釣りやすいですね。

 

ポイントとして実績があるのは、誰もが知る「大バエ」と「五のハエ」です。

 

特に「五のハエ」は素晴らしいポイントです。

ベイトがいれば、磯の先端部分にヒラスズキはコンスタントに回遊してきますし、潮が引いている時は五のハエの南側に瀬がたくさん出てきます。引いていればそこを歩いてポイントに近づくことができますので、かなり面白い釣りになると思います。

実際、わたしも何度もそこで楽しませてもらいました^^

 

ここでは、生月島の2つのポイントについて紹介しましたが、この島には他にも良いポイントがたくさん存在しています。

 

ただ、全部教えてしまっては、ヒラスズキ釣りの醍醐味を味わえないので、この先は、ぜひ自分の足で試行錯誤して開拓してみましょう^^

 

 

ヒラスズキを確実に仕留めていきたいのであれば、現場での判断力と技術の向上は欠かせません。

手っ取り早く、それを身につけたいのであれば、少し費用はかかるのですがちゃんとした教材でまずはスズキの釣り方やルアー選択等をしっかり学びましょう。

 

⇒ 本気でうまくなりたい人のための教材