13年ぶりに始まったHERO2も、半分が終わりましたね。
(現時点で次は第7話)

 

視聴率も、何とか持ちこたえているようです。

スポンサードリンク

 

第7話 ちょっとだけストーリーネタばれ

 

HERO2 第7話のメインは馬場検事(吉田羊)

 

1x1.trans HERO2 第7話 ストーリーネタばれ 視聴率アップのカギは?

 

分かれた夫が登場します。 彼女、バツ一だったんですね~。

そして馬場検事に頼まれた傷害事件を久利生(キムタク)が担当します。

 

久利生と千佳(北川景子)はDVの被害者「さくら」に話を聞くため、キムタクは今回熱海へ北川景子との1泊2日の2人きりの出張に行くというストーリーです。

 

1x1.trans HERO2 第7話 ストーリーネタばれ 視聴率アップのカギは?

 

出張旅行といえば、前作のHEROでも雨宮(松たか子)と行ってましたよね。

しかも、なぜか泊まる部屋も一部屋し空いていない・・

 

雨宮の寝顔を見つめながら、優しく毛布をかぶせてあげていたシーンが印象的でした。

 

久利生のセリフの中で「チャラチャラした女好きなんだけどなー、真面目なお堅い子を好きになったりするんだよ」っていうのがありました。

 

雨宮を意識し始めているのが伝わってくるシーンでしたね^^

 

視聴率アップの鍵

 

恋愛模様

 

今回の、HERO2の視聴率も今は何とか持ちこたえている感じですが、やはり前作程ではありません。

前作のHEROと比べて足りないものといえば「恋愛模様」です。

 

⇒ HERO2で恋愛を描けない理由はズバリこれ

 

少しずつ千佳も心を開いてきていますが、恋というよりは敬意という感じ・・。

 

第7話の出張旅行で何か進展があるのか、期待です!

 

北川景子と松たか子

 

今回、松たか子の代わりに人気絶頂の北川景子を起用したという点は、特に悪くはないと思うのですが、・・・ちょっと彼女美しすぎる・・。

 

雨宮(松たか子)のように、きれいなんだけど少しダサさを取り入れたら、より視聴者の心を掴むキャラになったのではないでしょうか。

 

たとえば、大ヒットドラマ「リーガルハイ」もコンビものでしたが、きれいな「新垣結衣」が、あえてダサい髪形で臨んでいました。

 

どこかダサいのだけど、心は強く磨けば光ると思わせるキャラ。

パートナーにいじめられているようで、実は大切に思われている。

 

そんなヒロインが、視聴者には受けるのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

エンディング曲

 

そして、最後はエンディング曲です。

 

前作のHEROでは抜群のタイミングで、「近づきたいよ~♪」と宇多田の曲が流れていたのも印象的でした。

 

今回、宇多田にこだわったせいか、エンディング曲はなし・・。
(宇多田は現在活動休止中)

 

これがどこか物足りなく感じます。

 

「半沢直樹」のように、もともと曲がない設定であれば違和感はないのですが、前作のイメージがつきすぎているので、宇多田にこだわらずエンディング曲をつけてもよかったのではないかと思います。

 

たとえば、ドラマや映画で大ヒットの「海猿」はB’Zや伊藤由奈、EXILEと毎回アーティストは違いますが、それぞれがとてもマッチしていて、ドラマをより一層魅力的にしていますよね。

 

 

ということで、以上の3つの点が、前作と比べて若干物足りないので、視聴率も微妙な線をいっているのかも知れません。

 

 

HERO2も折り返し地点が過ぎました。

今後、何か隠し爆弾があるのか・・注目したいです^^

 

⇒ 第7話でもキムタクが来てるアロハシャツはこれ!