静岡県の70代の男性が、園芸用植物イヌサフランと食用のギョウジャニンニクを間違えて食べて亡くなったというニュースが流れました。

 

以前にも、新潟で間違えてイヌサフランを食べて一名が亡くなっています。

また、札幌市では60代の女性がイヌサフランとミョウガを間違えて食べ、食中毒をおこしています。

 

スポンサードリンク

 

近年、農薬に対する恐れから家庭菜園を持つ人も増えてきました。また、山菜取りなどはお金もかからず人気です。でも、命にかかわることもあるので注意が必要ですね!

 

先日も、私の知り合いのご家族が、お姑さんがとってきたキノコを食べて亡くなってしまいました。お嫁さんはなかなか火が通らないし、怪しいと思ったそうですが、お姑さんが大丈夫!と言い張ったそう・・云いづらくても、自分の身は自分で守らないといけないですね・・

 

ところで、少し話しはズレましたが、多くの人が誤飲してしまったイヌサフランとはどんな植物なのでしょうか?

 

 

イヌサフランとは?

 

ユリ科の植物で、日本では園芸用として親しまれています。

サフランに似た花をつける前の葉が、ギョウジャニンニクと似ています。

また、球根はミョウガに似ています。

 

この植物に、コルヒチンという毒性物質が含まれていて、誤飲すると嘔吐・下痢・呼吸困難をもたらします。

 

1x1.trans ギョウジャニンニクの効能 危険なイヌサフランの見分け方とは?

写真左側が行者ニンニク、右側がイヌサフランです。

これは見分けがつきにくいわけですね。

 

見分け方?

 

気になる見分け方ですが・・

 

イヌサフランはギョウジャニンニクのようなニンニク臭はありません。また、葉もスズランのように重なり合っているのでギョウジャニンニクとは違います。

 

球根もミョウガは抜いた時点でその姿がわかりますが、イヌサフランは茶色い皮で覆われています。

特徴をしっかりつかんでおけば間違えることもないでしょう。

 

スポンサードリンク

 

ギョウジャニンニク?効能は?

 

ところで、ミョウガはまだしもギョウジャニンニクについても知らない人は多いと思います。

これは主に北海道でとれる山菜です。

 

1x1.trans ギョウジャニンニクの効能 危険なイヌサフランの見分け方とは?

 

ギョウジャニンニクの、その効能のすばらしさから近年話題になっています。

 

①    ギョウジャニンニクの抗菌作用がインフルエンザ予防に効果があるとされています。
②    アリシンという成分が、がん予防に効果的です。
③    トルスルフィドやビジルジチインという成分により血液さらさら効果もあります。
④    匂い成分により、血糖値の低下・ダイエットにも効果があります。

 

⇒ 大根ダイエットの素晴らしさ!

 

このギョウジャニンニクは北海道民ならみんな知っていて、食べ方も様々です。(フキノトウやウドのようにメジャー)

天ぷら・おひたし・肉炒め・卵とじなど色んなレシピがあるようです。

 

 

体にいいギョウジャニンニクやミョウガ、くれぐれも毒草とお間違えなく!!