ショアジギングやプラッギングをしていて結構悩むのが、ランディングですよね。

 

シーバス等ならともかく、大型青物ではランディング時のもたつきは致命的となります。

 

というわけで、今回はショアジギングで活躍するランディングツールであるギャフと、その柄(ギャフを取り付ける竿)のおすすめを紹介します。

 

スポンサードリンク

 

ランディングツールは、ショアジギングタックルの中でも一番後回しにされやすいアイテムですが、ここがきちんとそろっていないと、いざと言う時に痛い目を見ることになりかねません。

 

竿でそのままブリ上げの可能な小型の青物狙いなら必要ないかもしれませんが、5キロ以上の中型から大型を足場の高い場所で狙うようになると、状況によってはギャフやタモが必要となってきます。

 

1x1.trans ショアジギングで使える【ギャフ】のおすすめ

 

ギャフやタモも有れば何でもOKというわけではなく、ランディングするのは大型ですばしっこい青物なので、それなりに強度もあり、素早くランディング可能な高性能なものを使用することが重要です。

 

ランディング時のミスで逃がしてしまうことほど、ショックなことはありませんからねww

ここは、妥協することなくしっかりと揃えておきましょう。

 

おすすめのギャフ

 

ショアジギングでのギャフに求められる性能は、刺さりの良さと強度です。

 

 

数あるギャフの中でも刺さりの鋭さでいえばやはりこれでしょう。

 

 

「KAMIWAZA」の「神通力」というギャフです↑↑

 

先端部分も、3面カット仕上げとなっており刺さり具合は抜群です。

この鋭さは、ランディング成功率をかなりアップさせるはずです。

 

この製品はステンレス製ですが、さらに強度のあるチタン製のタイプもラインナップされています。

 

ただし値段が倍以上もするのでかなりコストがかかっちゃいます。

ステンレス製のものでも、使用に際してはそんなに不便を感じたことは私自身今までありません。

 

ですので、やすいグレードのステンレス製ものをここで紹介させていただきました^^;

 

 

もうひとつ、こんなギャフもあります。

 

 

これは、見ての通りWタイプのギャフです。

このギャフも魚の掛けやすさは抜群です。
ベテランのアングラーも、このWタイプを使っている人が結構いるみたいですね。

 

ギャフでランディングしたことのある人なら分かると思いますが、動きまわる青物をズバッと貫き通すのは結構難しいんです^^;

 

でもこのWタイプは、その悩みをかなり解消してくれます。

 

ただしこのギャフ、シングルタイプに比べるとバッグの中で若干かさばっちゃうのが玉に瑕なんですよね(汗

 

それが気にならないのであれば、このWタイプをおすすめします。

 

「かさばるのは嫌だ!」と言う方は、やはり最初におすすめしたKAMIWAZAの「神通力」がおすすめですね。

 

ギャフの柄のおすすめは?

 

さてギャフが決まったらそれで終わりというわけではありません。

ギャフの相方、つまりギャフを取り付ける柄(シャフト)も必要となります。

 

最近は、青物専門に設計された丈夫で工夫されたシャフトがいくつか出されています。

 

たとえば ↓↓

 

 

これも、KAMIWAZAのメーカのランディングシャフトです。

 

非常に耐久性があり、長さも6mと、足場の高い防波堤などにも対応可能です。

 

 

「そこまで長くなくても・・・」と言う方にはこれなんかはどうでしょう?

 

 

これも、大型青物を想定して作られたシャフトです。

メーターオーバーの青物のランディングでも、ビクともしない強さを兼ね備えてています。

 

長さは、3.9mと若干短めではありますが、「自分は防波堤からのショアジギングはあまりしない」と言う方は、むしろこちらの方が値段も安いですし、扱いやすいかも知れません。

 

それぞれのスタイルに合わせて、選んでいきましょう。

 ⇒ 青物に最適なクーラーボックスは?

⇒ ショアジギング おすすめロッドは?

⇒ ヒラマサ用 おすすめジグ