ギリシャ戦を目前に控えた日本代表選手
気合いの入ったコメントをこの記事では
インタビュー動画として載せています。

 

スポンサードリンク

 

初戦は非常に厳しい滑り出しとなった日本代表の
2014ワールドカップですが、どうやら完全に開き直ったようです。

 

直後はみんなかなり後悔を口にしていましたが、
それをバネにして、もう自分たちの攻撃スタイルを
貫くしかないという結論に至ったようですね。

 

岡崎選手も言っていましたが、
「コートジボワール戦では、むしろ勝たなくてよかった」
のかもしれません。

 

これで、本来の日本代表の強さを取り戻すことができるのであれば
初戦の悔しい敗戦は非常に価値ある試合だったと言うことができます。

 

まあ、それを言うことができるのは次のギリシャ戦と
コロンビア戦に勝利し、見事1次リーグを突破しての話ですが・・。

 

でも、本来の日本代表が戻ればギリシャには勝てるでしょう。

 

問題はコロンビアです。

南米のチームはボールの扱いもとてもうまく試合運びも
ずる賢さがあり、なかなか一筋縄ではいかない面があります。

 

スポンサードリンク

 

ただ、優勝を狙っていると公言するのであれば、
そのくらいの壁は乗り越えてもらわなければいけません。

 

決勝トーナメントに出たら、それよりも手ごわい相手が
待ち受けているわけですからね。

 

前置きが長くなりましたが、さっそく
日本代表選手たちのコメント動画をご覧ください。

 

ギリシャ戦前の日本選手インタビュー動画

 

まだすべての選手のインタビューの動画はありませんが、
新たに入り次第アップしていきます。

 

 

まずは長谷部選手。

 

 

 

次に遠藤選手。

 

 

 

山口選手。

 

 

 

清武選手。

 

 

 

そして、吉田選手。

 

 

 

みんなの、次のギリシャ戦に臨む意気込みは強いものがありますね。

 

上のインタビュー動画の中で、個人的に
印象に残ったコメントは長谷部選手でした。

 

「チームのなかで、自分や中心的な選手たちが、
きちんと声を出してチームを軌道修正していくべきだった」

「そこの部分ができていなかったのが心残り」

と言っていましたね。

 

今後の試合でも、チームが消極的になったり
戸惑ったりすることも出てくるでしょう。

 

そんなときに、ピッチに立つ選手が自分たちで
軌道修正をできるようになれば、日本はこれからもっと強くなります。

 

それに選手自身が気づいているという点は
非常に頼もしく感じました。

 

さらには、「ギリシャ戦に向けての選手たちの
闘志はかなり燃えている」
とも言っていました。

闘志が燃えた日本代表の試合を見てみたいものですね。

 

 

次のページでは、岡崎・柿谷・大迫・大久保・内田
のインタビュー動画を載せています。

 

1 2 次ページ >