この記事ではシーバスやヒラスズキ、さらにはショアジギングをしている時に使えるフィッシュグリップについて紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

そもそもフィッシュグリップは必要なのか…
さらには、高いもの安いものどっちを買った方が良いのか…

こういった疑問がわいてくると思います。

 

実際のところどうなのでしょう・・?

 

あくまでも私の一意見としてお読みください^^;

 


1x1.trans フィッシュグリップ おすすめ ヒラスズキ&ショアジギングにも使える
 

フィッシュグリップは必要か?

 

直接この質問に答えるとすると、

「絶対必要ではないが、あったほうがかなり楽だし安全」

という感じでしょうか。

 

何が楽なのか、何が安全なのか・・・

それはやはり”ランディング時のスムーズさ”の一言に尽きると思います。

 

ランディングというのは、釣った魚を海から陸に引き揚げることを言います。
(一応念のための説明)

 

この時が釣りをしていて一番アドレナリンが出ている時であり、同時に危険な時であるとも言えます。

 

特に私はヒラスズキ釣りをすることも多いので分かるのですが、ランディング時は大きな波が押し寄せている状況でかなり磯際まで行って魚を寄せないといけないことも多々あります。

 

 

キャスト時や、ルアーを引いている時などは、慎重に行動しあまり無理をしないのですが、魚が釣れてその姿が見えた時が一番興奮状態になっていて、怖さを忘れてしまうんですよね^^;

 

この時、フィッシュグリップが無いと、手でリーダをつかんで引きずるか、フックの掛かりが浅い場合は魚の口をじかに手でつかんで安全な場所に移動させなければいけません。

 

この時にもたついてしまうと、次の大きな波が来て危ない目に遭うことになるのです。

 

1x1.trans フィッシュグリップ おすすめ ヒラスズキ&ショアジギングにも使える

 

特に手で口をつかもうとすると、ルアーがまだ魚の口に掛かっている状態なので、非常に危ないです。

ヒラスズキとか、手でつかむとめちゃめちゃ暴れますからね。
しかも80㎝オーバーの個体になると、思い切りつかんでいても暴れられたら手が滑って落としてしまうほどです。

 

こういう時に、フィッシュグリップがあれば楽で安全というわけですね。
一度つかんでしまえば、ほぼ落とすことはありませんからね。

 

スポンサードリンク

 

高価なものと安価なもの おすすめは?

 

これについては、はっきり言ってどちらでも良いですww

 

もう少し詳しく言うと、安価なものでも十分使えますし、高価なものは見栄えもよく長持ちしやすいです。

 

なので、自分の経済力に合わせて購入するというのが正解でしょうね。

 

1x1.trans フィッシュグリップ おすすめ ヒラスズキ&ショアジギングにも使える

 

ちなみに、私は磯場で釣りをすることが多く、結構酷使する方なので安価なものを使っています。
壊れたりしてもダメージは少ないですからねw
(そうそう壊れはしませんが・・)

 

安価なものでおすすめは以下の2つです。

 

 

 

両方使ったことがありますがどちらも私はそれほど問題はありませんでした。

あえて言えば、ネジの緩みは時々チェックした方がいいかもしれません。

 

でも、普通に使えますよ。

 

 

それでも自分は、経済的にも余裕があるし高価なものが欲しいという方は以下がおすすめです。

 

 

 

スタジオオーシャンマークのオーシャングリップとボガグリップの30ポンド(大は小を兼ねる)です。

いずれも言わずと知れたフィッシュグリップですね。

 

これらは、最初は少し根が張りますが、作りもしっかりしていて錆びにくく作られています。
(安価なものも毎回水洗いすればすぐには錆びませんが)

 

しかも、見た目がカッコイイ!!

やはりこれですねw

 

ぜひ、ご自分の財布と相談してどのフィッシュグリップにするか決めてくださいね。

 

⇒ ヒラスズキ ショアジギング どちらにも使えるおすすめグローブ!