牛レバ刺しが禁止されたことで、販売されだした“豚レバ刺し”。

 

1x1.trans 豚レバーでE型肝炎!?症状と予防法

 

私はレバーが苦手なので食べたことはないですが、豚の内臓はE型肝炎ウイルスや寄生虫に侵されているため、食中毒やE型肝炎により亡くなる方まで報告され、年明けにも、販売禁止になることが決定されたそうですね・・

 

スポンサードリンク

 

このニュースをみて初めて、E型肝炎の存在を知りました・・。

 

他の肝炎と何が違うのでしょうか?どんな症状で予防法はあるのでしょうか?

 

E型肝炎

 

主に、E型肝炎に侵された食物や水を通して感染するそうです。

 

約40日の潜伏期間の後、発熱・黄疸・悪心・嘔吐・食欲不振・腹痛などの症状が現れ、“急性肝炎”となります。

 

たいていは1・2週間で自然に治癒するそうです。

 

ただ、妊婦は重症化する恐れがあるので入院したほうがいいみたいですね。

 

他の肝炎

 

・E型肝炎と似ているのがA型肝炎です。

 

感染経路は水や食べ物で、E型肝炎と同じような症状になります。また、慢性化しないのも同じです。

 

A型肝炎はワクチンで予防できますが、E型肝炎にはありません。

 

しっかり火を通してたべたり、水も発展途上国の旅行などはミネラルウォーターを購入したほうがいいですね。

 

もちろん食事前のアルコール消毒も必須です!

 

スポンサードリンク

 

・感染した人の血液や体液でうつるのは“B型肝炎”や“C型肝炎”です。

 

B型肝炎はワクチンで予防できます。

 

B型肝炎は思春期以降に感染したものは直る可能性がありますが、出産時の感染だと慢性肝炎になるそうです。

 

C型肝炎も、慢性肝炎→肝硬変→肝臓ガンとなる可能性が高いです・・

 

ちなみに、父は輸血によりC型肝炎になりましたが、インターフェロンの治療で完治したので希望もあります。

 

・また、B型肝炎の人だけが感染するD型肝炎というのもあるみたいです。

 

予防策は?

 

先ほども述べましたが、ワクチンがあるものはワクチン接種が安心です。

 

また、食物・水・血液・体液が主な感染経路なので、注意できます。

 

肝炎は血液検査をしなければ発見されず、他の病気と間違えられることもあります。

 

症状や心あたりがあれば、早めに検査をして肝炎に見合った治療をしてください!

 

ちなみに、私の友人は風邪と誤診され、飲んでいた抗生物質は、さらに肝臓を痛めつけ、2ヶ月も入院する羽目になりました・・

 

皆さんも注意してくださいね!!