エアコン取り付けや取り外し等は、
そうそう何度もすることではないので、
いざ引っ越しになったり、買い替えの時期になると
費用の相場ってどのくらいだったかな・・と疑問に思うことがあります。

 

1x1.trans エアコン 取り付け・取り外し 費用 相場はいくら?

 

事前に調べず、業者にお任せして取り付けをした人の中には、
時々法外な値段の請求をされてぼったくりにあったという人もいます。

 

そうならないように、エアコン購入の前にはある程度の
知識を身につけておくことはたいせつですね。

 

この記事では、エアコンの取り付け・取り外しの
費用の相場についてできるだけ分かりやすく書いています。

 

スポンサードリンク

 

蒸し暑い日本の夏にはもはや欠かせない存在となっているエアコン。

 

しかし、どんなものにも必ず寿命があり、
買い替えなければいけない時期というものがあります。

 

⇒ エアコンが最もお得に買えるのは何月? もご覧ください

 

でも、エアコン本体は安く買えたものの、
意外と取り付け工事に費用がかかってしまった・・
という人も多くいるようです。

 

エアコンの取り付け等の工事は、なかなか素人には
分からない分野のことですので、業者にぼったくられやすい
工事の一つであると言えるかもしれません。

※もちろん、工事費をぼったくるような
悪い業者は一部の業者だけです。

 

それに、ある程度の相場を知っておけば
見積もりの時や値段交渉のときにも役立ちますよね。

 

 相場

 

最初に言っておかなければいけない点ですが、
エアコンの取り外し・取り付けの費用というのは
地域やその業者の考え方によってかなり左右されます。

 

同じ条件でも、業者によっては5000円も見積もりに
開きがあったというのは良くあることで、なにもおかしなことではありません。

 

はっきり言ってしまえば、業者との交渉次第ということですね。

 

スポンサードリンク

 

だからと言って、一般的な部屋に1台の家庭用エアコンを
取り付けるのに10万近くも費用がかかるというのは、
普通に考えてあり得ないことですし、そういう無茶な請求を
出してくるような業者は往々にして仕上がりも悪いものです。

 

平均的には、標準工事費用としておよそ15000~30000前後
妥当といえるでしょうね。

 

この標準工事というのは、基本的には以下のような内容です。

※業者によって多少条件が違うこともあります。

 

・ エアコンの取り付け穴が既に空いている
(無い場合は木造の場合1000~2000前後
コンクリートの場合1万円前後の追加料金)

 

・ 近くにエアコン用の電源コンセントがあること。
(無い場合は別途電気工事費が必要・要相談)

 

・ エアコンから室外機までの距離(配管の長さ)が4m以内であること。
(それ以上の場合は、延長1mごとに2000~3000前後の追加料金)

 

・ 室外機を置くことのできる平らな地面やベランダがあること。
(無い場合は、屋根置き・吊り下げ・壁掛けなどの工事となり
1万円前後の費用の追加となることがあります)

 

・ さらに配管の化粧カバーを設置する場合にも5千円前後の
追加費用が必要になることがあります。

(長さに応じて費用も前後する)

 
 

標準工事というのはざっとこのような条件になっています。

 

さらに、引っ越しの場合や、古いエアコンから買い替える
場合にはエアコンの取り外し費用も必要になってきます。

 

これも、ピンからキリまであるようですが、
だいたいの平均的な相場では、1万円前後でやってくれるようです。

 

いずれにしても、見積もりの時に話し合っておくと良いですね。
 

お得なのは標準工事込みのエアコンを購入すること

 

エアコンの取り付け費用って思ってよりも
かかるものなんですね。

 

なので、やはり買い替える時に取り付け費用(標準工事)が
込みになっているエアコンを購入するのが最も安く購入できそうです。

 

下に挙げているエアコンは標準工事が含まれているものです。

 

参考までにどうぞ。
 

 

 

 

 

 

 

賢く買い物して、今年の夏も快適に乗り切っていきましょう。