エアコンが冷えない」という、困った状況になった時に、
自分ですぐにできる、4つのチェック方法についてお教えします。

 

1x1.trans エアコンが冷えない… 【4つのチェック方法】

 

誰でも簡単にできる方法なので、とりあえずやってみましょう。

 

スポンサードリンク

 

まず、最初にエアコンが冷えない時の考えられる原因としては、

 

・ ガスが足りていない

・ 本体(室外機やコンプレッサーを含む)自体が壊れている

・ 部屋が広すぎる

・ 汚れにより風量が十分に出ていない

というものがあります。

 

これらのうちどの原因に当てはまるかによって、
修理が必要かどうか、さらには修理費用なども変わってきます。

時には、思い切って買い換えたほうが良い場合もあります。

 

 

 

エアコンが故障かなと思った時のチェック方法

 

※この記事では、簡単にできる4つの方法について述べていますが、
もちろんこれ以外にもチェック方法は多く存在しています。

 

 

1.室外機から暖かい空気は出ているか

 

まず、庭またはベランダにある室外機を見てみましょう。

エアコンのスイッチを入れて(もちろん冷房に設定)
室外機を起動させてください。

しばらくすると、ブンという音?と共に
コンプレッサーが起動するはずです。

音の変化を注意して聞いてみましょう。

もしここでコンプレッサーが動いていないようであれば、
そこに原因があると考えられます。

 

コンプレッサーが起動したら、室外機のファンから
暖かい空気が出ているでしょうか?

ここで、温かい空気が出ていなければ
ガスが不足している可能性が考えられます。

 

⇒ ガスの補充費用ってだいたいどのくらいかかる? もご覧ください
 
 

2.室外機に接続されている配管の接続部をチェック

 

次のチェック方法はエアコンの室外機につながっている
配管の接続部分を見る方法です。

 

室外機にはエアコンとつながっている
2本の銅管が接続されています。

この絶族部分は基本的にカバーがされていますので、
まずはドライバー等でそのカバーを外しましょう。

 

1x1.trans エアコンが冷えない… 【4つのチェック方法】

 

↑↑ このような感じだと思います。

2本の銅管が接続されているわけですが、
この部分に水滴が付いているのであれば正常です。

しかし、霜がついて白くなっているようであれば、
ガス漏れによるガスの不足
が考えられます。

 

3.エアコン本体のフィルタを掃除してみる

 

では次に、室内に戻ってエアコン本体の方を見てみましょう。

 

エアコンが冷えないという症状で、
意外と見落としがちなのがエアコンの汚れです。

 

まず、エアコンの空気の吸入口を開きます。

年式が古いタイプのものは、正面側に吸入口があることが多く
新しいタイプのものはたいてい上面にあります。

 

空気の吸入口を開くと、フィルターがセットされています。

 

1x1.trans エアコンが冷えない… 【4つのチェック方法】

1x1.trans エアコンが冷えない… 【4つのチェック方法】

 

これを取り外して、掃除しましょう。

汚れでかなりつまっているようであれば、
このフィルターが原因かもしれません。

 

それでも冷たい風は出るのに、風量が弱いままであれば、
さらに内部まで汚れが入り込んでしまっている可能性があります。

その場合には、エアコンのクリーニングを業者に
頼まれるのが一番早いでしょう。

要クリーニングの場合、<こちらのサイト>も参考になるかもしれんせん。

 

4.エアコンの空気の吸入口と吹き出し口の温度を測ってみる

 

エアコン本体には室内の空気の吸入口
冷やした空気の吹き出し口とがあります。

この2つの部分の温度を測ってみるというわけです。

 

吸入口というのは、3のチェック方法でも出てきた
フィルタがあった部分のことです。

まずそこに温度計を近づけて2~3分ほど待ちましょう。

その後、何度だったかを覚えておいて、
今度は吹き出し口に温度計を近づけ同じように温度を計ります。

 

スポンサードリンク

 

この2つの温度の差が、だいたい7度以上あれば
エアコンは正常に機能していて、おそらく風量の問題か、
もしくはエアコンの能力に部屋の広さがマッチしていない
可能性があります。

そうなるとクリーニングをするか、
部屋にあったキャパシティを持つエアコンを
新たに購入
するかという選択になるでしょう。

 

⇒ エアコン買い替えはいつがお得? の記事も参考にどうぞ

 

もし、温度差がほとんどないようであれば
ガスが漏れているかそのほかの故障が考えられますので、
エアコンを購入したところに相談されるのが一番良いでしょう。

 

 

以上4つのチェック方法について簡単に記しましたが、
すこしでも参考になれば幸いです。

 

修理等、どこに依頼されるとしても、まずはできる限り
今の状況と症状を細かく伝えて見積もりをもらうようにしましょう。

 

修理をするよりも、買い換えてしまったほうが
電気代などを含め将来的に安くつくということもあります。

古いタイプのエアコンはかなり電気代を食いますからね・・

数万の差であればすぐに取り戻せるかもしれません。

 

さらに最近では、エアコンだけでなく扇風機なども併用して
猛暑を快適に省エネに過ごしている人が多くなっています。

下のサイトにも面白い扇風機がありましたので
参考になるかもしれませんね。 ↓↓

⇒ 快適なミスト扇風機