真夏の暑い時にエアコンが冷えなくなる・・・

かなりきついですよね^^;

 

1x1.trans エアコン ガス補充 料金はどのくらい? 【家庭用】

 

そんな時に頭に思い浮かぶことは、
エアコンガスが抜けてしまっているので、
補充しなくては・・・ということかもしれません。

 

補充となれば、どのくらいの料金がかかるのかも気になりますよね。

 

・・とその前に、エアコンが故障したかなと思った時に
簡単にできるチェック方法もまとめていますのでまずはそちらもご覧ください。

⇒ 簡単4つのチェック方法

 

スポンサードリンク

 

 

エアコンのガスチャージの値段と気を付けるべき点

 

エアコンのガスを補充するにあたり、
まず家庭用のエアコンに使われているガスには、
主に出回っているのは2種類あるということを覚えておきましょう。

 

その2つとは、「R22」タイプと、「R410」タイプです。

 

R22タイプのガスは、現在は使われないことになっています。

よって最近の新しいエアコンには、
ほぼR410タイプのガスが使用されています。

 

R22のガスは、オゾン層を破壊する有害物質が
含まれているため、使用されなくなっているのです。

※もちろん、補充することは可能です。

 

それに比べて、R410は地球環境に優しい
ガスと言うことができます。

 

最近は、新冷媒R32というのがダイキンのエアコンで出ています。
これはさらに若干冷房能力が高く、環境にも優しいもののようです。

 

自分のエアコンにはどのタイプのガスが使用されているのかは、
外にある室外機の横に張ってあるシールに「R○○」とガスの種類が
記載されいるはずですので、一度確認してみましょう。

 

ガスの補充 料金の相場は?

 

エアコンのガスを補充してもらう料金は、
その業者によって多少の差が出てきますが、だいたいこのくらいだ
という目安を知っておけば、万が一にもぼったくられるということも
避けることができますので覚えておきましょう。

 

目安としては、

真空引きなしの補充のみの場合およそ1万円前後

真空引きアンド完全補充の場合、2万前後

このくらい見ておくとよいでしょう。

 

ただし、ガスの種類によっては「補充のみ」が
できなく「真空引き」をしてもらう必要が出てくる場合がありますので、
一度業者の方に見積もりを出してもらいましょう。

 

ガス補充の前に考えるべきこと

 

ガス補充のだいたいの相場が分かったわけですが、
ちょっと待ってください。

 

そもそも、「ガスはなぜ少なくなってしまったのか・・」
という点をまず考える必要があります。

基本的に、エアコンのガスは
抜けることがないように作られています。

 

つまり、少なくなっているということは、
どこかからガスが抜けてしまっている
ということですよね。

そうであれば、せっかく補充しても一時的には
パワーが増すとしても、またガスが抜けてしまうわけです。

 

スポンサードリンク

 

なので、補充の前にガスが抜けた原因を突き止め
そこを修理
しなければいけません。

そうなると、補充とは別にさらに修理費用も
加算されることになるでしょう。

 

そうなれば、新たにエアコンを購入するのと
同じくらい料金が発生してしまうことだってあり得ます。

その辺をしっかり踏まえたうえで、
どうするか考えることをおすすめします。

 

特にR22タイプのガスを使っているエアコンであれば、
電気代も結構かかる古いタイプのものが多いでしょう。

そうであれば、最初に少し費用はかかっても、
思い切って新しいエアコンを購入して使っていけば、
最近のものは省エネに非常に優れているので、
すぐに差額を取り戻すことだって可能でしょう。

 

ちなみにエアコンの買い替えに関しては、
お得な時期とそうでない時期があります。

こちらの記事も参考にご覧ください ↓↓

⇒ エアコンの買い替え 何月がお得?