エアコンは、今の日本での生活になくてはならないものとなってきています。

 

なので、できるだけエアコンの電気代を節約したい…そう思うのは当然のことですよね。

 

最近は特にネットなどを見ても、エアコンの1時間あたりの電気代を気にする人が増えてきているようです。
これも、何とか電気代を節約できないだろうかとみんな試行錯誤している証拠ですね^^

 

スポンサードリンク

 

ただ、1時間に電気代がどれほどかかるかというのは、当然そのエアコンの機種や性能によって変わってきますので一概に言うことはできません。
(部屋の環境によっても変わってきます)

 

ということで、この記事ではすぐに実践できる、エアコンの電気代を節約する7つの方法をご紹介していきます。

 

7つの電気代節約術

 

今やエアコンは、夏だけでなく冬の暖房器具としても広く使われるようになってきました。

 

なので、この電気代を節約していく方法を身に付けることができれば、年間を通してかなりの節約になるはずです。

 

1.フィルターをきれいにする

 

エアコンのフィルターは素人でも簡単に取り外すことができます。

 

1x1.trans エアコンの電気代を節約!!簡単 な節電方法

 

写真の矢印で示しているものがフィルターです。

簡単に取り外せますので、水洗いして陰干しするのも良いですし、面倒であれば硬く絞っ雑巾でほこりを拭き取ってあげましょう。

 

このフィルターが詰まっているだけで、吸気の際にパワーを必要とするようになってしまいます。

 

そうなると、余分な電気代がかかってしまうというわけですね。

 

 

2.扇風機との併用

 

扇風機も同時に使用することで、部屋全体にむらなくエアコンの冷気が行き渡るようになります。

 

さらに、風があることで涼感の度合いが増すことにもなります。

 

 

3.エアコンをつける前に部屋の空気を入れ替える

 

多少面倒に感じるかもしれませんが、これをやるとやらないとでは大きく差が出てしまいます。

 

部屋がサウナのようになっている状態で、エアコンだけで部屋を冷やそうとすると当然フルパワーでしばらく動かさなくてはなりません。

 

このときに一番エアコンの電気代がかかっているというわけですね・・。

 

最初に、窓等をしばらく開けて空気を入れ替えするだけでも部屋の温度は下がり、エアコンをフルパワーで稼働する時間を短くできるのです。

 

 

4.運転は自動にする

 

エアコンを自動で設定しておけば、部屋を無駄に冷やしすぎるということもなく、電気代の節約にもつながります。

 

このとき、設定温度を意識的に1度上げるだけでも、かなり節約効果がありますのでお試しください^^

 

スポンサードリンク

 

5.室外機の環境

 

けっこう見落としがちなのが、室外機です。

 

室外機から部屋の温度を逃がすようになっているので、この室外機に影を作って涼しくしてやるだけでも、エアコンの効率は上がり電気代節約にも貢献するというわけです。

 

ホームセンターなどにあるすだれを立て懸けるだけでも効果があります。

 

 

6.カーテンを閉める

 

部屋に直射日光が入ると部屋の温度上昇に拍車をかけてしまうので、部屋が冷えにくくなりエアコンを無駄に動かしてしまうことになります。

 

ほんの数秒あればできる対策なので、ぜひ実施しましょう。^^

 

 

7. コンセントプラグ

 

これも、結構見落とされがちです。

 

エアコンは年中回しているわけではなく、春や秋はあまり使うことがなくなりますよね。

 

さらには、夏や冬は家族で長期旅行に行くこともあり得ます。

 

このような時は、エアコンのコンセントプラグ自体を抜いておきましょう。

 

エアコンのスイッチをつけていなくても、待機電力で少しずつ電気は流れてしまっています。

 

年間を通して考えると、結構ばかにならないので、プラグを抜く癖を付けていきたいですね。

 

 

 

以上、エアコンの電気代節約 7つの方法についてでした。

参考になれば幸いです<(_ _)>

 

⇒ エアコンの買い時はズバリ何月?