「ダイビングペンシルの動かし方」というテーマですが、そのままダイビングさせればいいだけだろと突っ込まれるかもしれませんねw

 

でも、ダイビングと一口に言っても、その長さや強弱の付け方などは様々で、状況に応じた動かし方が必要になってくるのです。

 

スポンサードリンク

 

この記事では、幾通りかの動かし方のコツについて説明していきます。
参考にどうぞ。

 

ショアからのダイビングペンシル

 

私の釣りのスタイルは、ロックショア(磯)からトップウォーターでヒラマサ(青物)を狙うものです。

 

もちろん、ショアに限らずオフショアからも考え方は基本的に同じになりますが・・。

 

ショアからの場合、オフショアよりもかなり浅瀬での釣りになることが多いです。

 

浅瀬に入っているヒラマサというのは基本的にやる気のある個体が多いです。

となると、アピールさせてルアーの居場所を知らせて食わせるやり方が一番手っ取り早くなります。

 

⇒ 水面スライド系ペンシルでの誘い方に関してはこちらの記事を参照

 

ダイビングペンシルの場合、このアピールと食わせの間がセットになった動きをするという点でも、本当に理にかなったルアーだと思います。

 

ショアからも、かなり釣果を挙げているルアーと言えますね。

 

基本アクションと動かし方のコツ

 

ダイビング系のペンシルの場合、アクションはたいてい、「直立姿勢からダイブさせる → 水面直下をS字スライドさせる → 浮き上がらせる」の繰り返しとなります。

 

水中ダイブの際に魚にアピールし、S字スライドで見せ、浮き上がりの時が食わせの間、という感じです。

 

動かし方のコツとしては、ジャークの時に力まないということです。

 

ロッドとリールの重さで、振りおろしてスパっと入れる感じですね。

 

ここで力んでしまうと、水面を割ってしまいダイビングしなくなります。

 

体中から殺気を抜きましょうw

 

スポンサードリンク

 

状況に応じたアクション

 

ルアーフィッシング全般に言えることですが、その日のターゲットの活性に合わせてアクションを調整していく必要があります。

 

ダイビングペンシルの場合、水中で泳がせる長さや、ダイブさせる強さなどを調整するようになります。

 

海が時化ていてアピールが必要な時や、ターゲットがやる気満々で活性が高いときなどは泡をまとわせながら勢いよくダイブさせたり、長くしっかり泳がせる方が良いように感じます。

 

逆に活性が低い場合などは、短めのストロークで比較的静かにダイビングさせる方がよいかもしれません。

ただし、これは一概に言うことはできず、そのポイントやその時のベイトによって変わってくる場合がありますので現場で色々試しながらその日のパターンをつかむようにしましょう。

 

特に大切なのは、ターゲットはどのベイト食いにどのポイントに来ているのか、という点です。

 

カマス、キビナゴなどがベイトになっていれば、ダイビングペンシルでかなりチャンスがあるでしょう。

 

ルアーフィッシングは結局、ベイトの見極めがものを言う釣りですからね。

 

ぜひ何度も現場に通って、経験を積んでいきましょう。