釣りを始めたばかりの人や、これからブリやヒラマサの大物釣りにチャレンジしようとしている人であれば、ブリとヒラマサ違い見分け方は気になるところですよね^^

 

今日は、その違いの簡単な見分け方についてご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

いきなりですが、下の写真はブリかヒラマサ、どちらでしょう?

 

1x1.trans ブリ ヒラマサ 違いを簡単に見分ける方法!!

 

こんな写真だけで見分けろ、なんて難しいですよね?

 

 

でもでも・・・

 

 

あるんです! 簡単に見分ける方法が。

 

 

一般的にぶりとヒラマサの見分け方として有名なのは、「口の付け根の部分の角度」と、「丸みを帯びているか角ばっているか」という点です。

 

もちろんこれで、はっきりと両者の見分けを付けることができるのですが、・・いかんせん面倒くさいw

 

しかも、ある程度その違いを見た経験がない場合は、ブリとヒラマサの両方をまず釣って、それから比べないといけませんwww

 

なんだか、目的がおかしなことになっちゃうような・・・^^;

 

・・てな訳で、一目で簡単に、それも9割以上の?確率で見分けられる方法をご紹介します。

 

※ 9割って言いましたけど、自分はこれまでその方法で間違えたことはないです。

 

 

なぜ9割かというと、一応念のために逃れ道を作って・・当てはまらない魚ももしかしたらいるかもしれませんので。。。

 

スポンサードリンク

 

ブリ ヒラマサの違い 超簡単な見分け方

 

私がいつも、青物が釣れた時に見ているのは、胸ビレです。

 

この胸ビレで見分けるのが一番簡単です。

 

 

では、胸ビレで実際にどうやって見分けるのか・・。

 

2つの写真をご覧ください。

 

1x1.trans ブリ ヒラマサ 違いを簡単に見分ける方法!!

 

そして、もう一つがコレ ↓↓

 

1x1.trans ブリ ヒラマサ 違いを簡単に見分ける方法!!

 

 

どうです? 胸ビレの違い分かりました??

 

ブリ、ヒラマサ共に側面にやや黄色いラインがあるのが特徴ですよね。

 

そして、この黄色いラインに、彼らの胸ビレがかかっているかどうかで見分けるのです。

 

ヒラマサは、黄色いラインに胸ビレが干渉するようになっています。

 

逆にブリの方は、胸ビレがラインに触れないわけです。

 

ということで、2つのうちの上がヒラマサで、下がブリということはすぐに分かりますよね。

 

 

実際、青物が釣れだすと悠長に口元などを見て「う~ん・・どっちかな~」なんて考えてる暇はありません。

 

青物の時合いは結構短いことが多いので、手返しの良さが求められるからです。

 

それでもやっぱり、釣れたのはどっちかなて言うのは気になりますからね^^

 

そんなとき、この胸ビレで判断するのが手っ取り早いというわけですね。

 

 

見分け方を習得できたところで、一つ問題です。

 

この記事の冒頭の写真で泳いでいる青物はいったいどっちでしょう??

 

もうお分かりですよね^^

 

⇒ ショアからのヒラマサに効く おすすめのジグはこれ