8月20日 浜崎あゆみさんがFace book で頭から氷水をかぶる映像を公開しました。

 

さすがご主人が外国人だけあって、流暢な英語を披露しています。

 

1x1.trans 浜崎あゆみが氷水!?【動画】ALSとは?HIROダルビッシュも?

 

スポンサードリンク

 

これは、「アイス・バケツ・チャレンジ」と言って、ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病の認知度を高めるチャリティ活動です。

 

参加者は100ドルを寄付するか、24時間以内に氷水をかぶって次の3名を指名するか選ぶことができます。
(両方もOK)
もともと、ALS当事者の元大学野球選手ピート・フレーツさんの発案で7月末から始まったみたいですね。

 

これまで、スティーヴン・スピルバーグ。レディ・ガガ、サッカーブラジル代表のネイマール、コロンビア代表のファン・スニガ、ソフトバンクの孫正義社長などの有名人がチャレンジしています。

 

浜崎あゆみも、次にEXILEのHIRO、AAAの浦田直也、ダルビッシュ有を指名しているため、日本でも今広がっています。

 

⇒ 浜崎あゆみの氷水動画ページへGO!

 

ALSとは?

 

ALSというのは、簡単に言うと運動神経が侵される病気です。

 

そのため、「歩く」「物を持ち上げる」「飲み込む」といった普通の動作ができなくなるのです。

 

人間に神経は以下の3つの分類することができます。

1、知覚神経
2、運動神経
3、自律神経

 

ALSは、これらのうち運動神経だけが侵されるので、日常生活が難しくなっても五感、知力、記憶力は健全な状態のままなのです。

 

つまり、火の近くに手をおいて「熱い」と思っても、自分の力で手を引っ込めることすらできないのです。
本人にとっても非常にもどかしい状況となてしまうわけです。
自分の状態が、はっきりと認知できるが故に、周りの差別的な視線に苦しむこともあるでしょう。

 

このALSについては、研究がすすめられていますが、未だ原因が分かっておらず、治療法もまだ確立されていない難病とされています。

 

スポンサードリンク

 

日本では?

 

日本では、現在約8300人前後の患者さんがいるようです。(2014年現在)

 

最近の記憶では、以前に放送されたドラマ「コードブルー」で看護師役の比嘉愛未の彼氏が「ALS」に侵されているという設定でしたね。

覚えておられるでしょうか?

 

あと、2014年1月から放送された「僕のいた時間」というドラマでも三浦春馬がこのALSに立ち向かっていくという設定でした。

 

ちなみに1リットルの涙は、違う種類の病気だったようですね。
(1リットルの涙の病名は脊椎小脳変性症)

 

このように、テレビのドラマや目立つチャリティー活動を通してALSの認知度が上がるようになっていけば、患者さんの苦しみも少しは和らいでいくのでしょうか。

 

何はともあれ、一日も早く有効な治療法が見つかることを願います。

⇒ 浜崎あゆみ 自宅が・・・