9月7日(日)の「男子ごはん」で、ヨーグルト漬物が紹介されました。

 

1x1.trans ヨーグルト漬物 作り方と6つのメリット 日持ちはどのくらい?

 

密閉容器にプレーンヨーグルトと塩をいれ、かき混ぜたところに好きな野菜をいれて、最後に食パンをちらして蓋をするだけ。

 

テレビでは一週間置いたものを試食して、おいしさに感激していましたね。

 

スポンサードリンク

 

明治ブルガリアヨーグルトのサイトによると、プレーンヨーグルト1パック450グラムなら、塩は約5%の22グラムでいいそうです。(4人分)

 

漬け込む時間もお好みで変えられます。浅漬け程度なら一晩で十分でしょう。
食パンにより、酵母が活性化されるので日にちをおくと、ぬか漬け風も楽しめます。
塩昆布や味噌でアレンジを加えてもおいしいです!

 

ヨーグルト漬物の6つのメリット

 

① ぬか漬けのように、毎日混ぜる面倒がない。
② ヨーグルトや食パンや塩はどの家庭でもあるし、経済的。
③ 漬けたあとのヨーグルト液は漬物として2・3回再利用できる。水っぽくなったソースも、肉や魚を漬け込んで調理すれば、臭みをとったり、肉を柔らかくしてくれます。
④ 男子でも作れるくらい簡単で、早くできる。
⑤ 腸内環境も改善され、ダイエットや美容効果も。
⑥ ヨーグルトの効能として、がん予防・免疫アップ・花粉症やアトピー症状の緩和も。

これは店からヨーグルトがなくなるかもしれませんね・・

 

1x1.trans ヨーグルト漬物 作り方と6つのメリット 日持ちはどのくらい?

 

ヨーグルト漬物の日持ちは?

 

気になるのは、このヨーグルがどれくらい日持ちするのかということですよね。

 

上の「6つのメリット」でも書いていますが、基本的には2,3回は使用できると思います。

 

ただヨーグルトは匂い移りがしやすいようなので、それが気になるようであれば、もう少し早めに変えたほうがよいかもしれません。

 

臨機応変に、という感じでしょうかね。

 

もちろん、表面をみてカビのようなものがあるなら、すぐに変えましょう。

 

経済的な面も考えると、できれば少なくとも3回くらいは使いたいですけどね^^

 

ちなみに、簡単漬物といえば「きゅうりのからし漬け」もあります。
我が家の定番レシピなので、ご紹介します。

 

これ、ホント簡単でおいしいのでぜひトライしてみてください!

 

スポンサードリンク

 

作り方

 

きゅうり10本くらいに、砂糖150グラム・塩50グラム・からしチューブ半分をまぶしてもむだけ。
密閉袋にいれて、冷蔵庫で保存します。

 

きゅうりを大量にもらったときなどに作ります。からしも冬のおでんくらいしか
使わないので、賞味期限がせまってくるし消費に助かります。

 

からしをわさびにかえてもOK!
どちらもとってもおいしいですので、お試しあれ!

 

⇒ えのきの栄養がすごい! ダイエットにも効果的らしい