「デング熱」に国内で3人の感染者が確認されました。

3人は同じ学校の生徒で、学園祭の為ダンスの練習を代々木公園でしていたところ、

デングウイルスをもった蚊に刺され発症したようです。

 

スポンサードリンク

国内感染は70年ぶり!海外旅行経験もないことから、デングウイルスを持った蚊が日本にいることが明らかになりました。

 

デング熱というと、東南アジアなどの暑い国のイメージで、日本人にはなじみがないので恐れてしまいますね。

デングウイルスをもったヒトスジシマカは体に白い斑点があるのが特徴のようです。

活動は主に、日中だそうです。

 

どんな症状?

感染後一週間ほどで38度以上の熱・頭痛・筋肉痛などの症状が現れます。

また、胸やお腹に赤色の小さな発疹がでて全身に広がります。

しかし、一週間ほどで自然治癒するのがほとんどで重症化はまれだとか。

 

東南アジアに住んでいた私の友人も、日本人が毎年インフルエンザにかかるように、デング熱に毎年かかっていたようです。

友人は今も元気ですので、そんなに恐れる必要はない病気なのかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

ただ、インフルエンザとの違いは2回目に違う種類のデング熱にかかった時、重症化する可能性がある点です。

名の通り、デング熱の症状に加え最後に便や尿・歯茎などから出血し、死に至る場合があります。

 

以前海外旅行などでデング熱に感染した人は、次の旅行は暑い国は避けたほうがいいかもしれません・・

 

予防法は?

 

今のところワクチンもないため、予防接種もできません。

ただ、人から人へ感染するものではなく、ウイルスに侵された蚊を避ければいいだけなので、肌を露出しないことや、虫よけスプレーを使用することが有効でしょう。

 

このニュースの影響か、フマキラーとアース製薬の株価が大幅高になったとか・・

店から虫よけグッツがなくなる日も近いかもしれないので、早めに購入しましょう!

あと、フィリピン人の友人から聞いたことですが、蚊は水のあるところに卵を産みます。

自分の家の周りを見渡して、バケツや植木鉢に水がたまっていないかチェックしましょう。

 

 

日本も温暖化の影響で、これまでなかった病気がどんどんでてくるかもしれません。

ただデング熱に関しては、日本の冬は超えられないので、季節の変化と共に終息していくでしょう。