メインラインとリーダーの差

 

これ、結構私も悩まされました。。。

 

特に、シャローエリア(浅瀬)でヒラマサを狙ってキャスティングをする時、リーダーをかなり太いもの(100LB以上)を使うことも多くなります。

ちなみにメインラインはPEの5号か6号です。

 

スポンサードリンク

 

こうなると、メインラインとリーダーとの太さと硬さにかなりの差が生じることになり、PEラインの方がライン放出時のブレが激しくなり、ガイド絡みを起こすことが多くなります。

 

しかも、投げるルアーもかなり大きく重いものが多いので、ガイドに与えるダメージもかなり気になります・・。

さらに言えば、キャスト時のその勢いのままルアーを足もとの磯にぶち当ててしまうこともあります。

 

いままで何度もやっちゃいました(*´艸`*)

 

ウッド性のダイビングペンシルなんかは、一つが1万円弱もするものもあるわけなので、考えただけでもゾッとします(@@;)

 

そしてなにより、恥ずかしい・・・w

 

ということで、このトラブルに悩んでいるなら早急に手を打ちましょう!

 

私が施している対策は、スペーサーを入れるというものです。

このスペーサーと言うのは、メインラインとリーダーの間に入れるラインのことです。

 

どんなラインを入れるかと言うと、私はPEの10号を7~8m程入れています。

そうすることで、リーダーからメインラインまでのラインの太さと硬さが、

リーダー 100LB

PE 10号

PE 5 or 6号

という具合になだらかになります。
これだけで、ライントラブルは激減しますので、ぜひ試してみてください。

 

ちなみに、スペーサーの長さですが10m弱くらいがベストではないかと私は思っています。

というのも、何度か15m程で試したことがあったのですが、飛距離が格段に落ちてしまったんですね。

 

では、短ければ良いのかと言うとそうでもなく、ある程度の長さがないとスペーサーとしての役割がこなせないのと、魚をかけた時の安心感(リーダ的な役割)の関係で、最低でも5~6mくらいは欲しいところです。

 

この10号のPEですが、特に高価なPEである必要はないと感じています。

私も、現在1000円前後のものを不自由なく使っています。

 

よつあみ パワーハンターPE10号-100m

 

ノットの問題

 

次に挙げるのは、ノットに関してです。

 

この理由は単純で、使っているノットがショアからのジギング・キャスティングにあっていないということです。

 

かなり強度のあるノットでも、結び目が大きくてガイドの抜けが悪く、投げて巻く釣りには向いていない場合もあります。

 

この場合の解消法は、ノットの種類を変えるのが手っ取り早いでしょう。

 

ショアジギング おすすめのノット の記事も参考にご覧ください。

 

スポンサードリンク

 

スプールへのラインの巻き方がゆるい

 

スプールの巻き方がゆるいと、魚がかかった時などラインに急に負荷がかかった時に、ラインがスプールの中にめり込んでしまったり、この記事の最初であげた原因のように、一気にラインが束で放出されてもつれてしまいます。

 

これは、新品のラインを巻くときにテンションをしっかりとかけて巻いていくことが必要になってきます。

自分一人で巻くときはかなり大変なことになってしまいますので、釣り具店で巻いてもらうか、専用の道具を使って巻くようにしましょう。

 

 

自分もこれ使ってライン巻いてます。

ダイビングペンシルを一つ買うと思ったら、結構安いもんかなーって思って買っちゃいました。

かなり重宝してますね^^

 

こういったツールがなければ、友達か奥さんに手伝ってもらうのも有りかもしれません。

 

 

さらには、釣りをしている最中にもスプールのラインが緩んでしまうことがあります。

ルアーやジグを引いている時、テンションがかかっていないタイミングで巻いていると、どんどんゆるんできて気づいた時には「トラブってるし!!∑(・Д・・)」ってことになっちゃいます。

 

なので、時々スプールのラインのテンションを確認しましょう。
もし緩くなっているようであれば、一度遠くに投げて、テンションをかけながらラインを回収しましょう。

 

 

 

以上、嫌~なライントラブルの5つの原因と解消法について書いてきました。

参考になれば幸いです。

 

⇒ ルアーフィッシングを極めるには・・

 

< 前ページ 1 2