ギリシャ戦が終了しましたが、試合後の監督・選手の
インタビューでのコメントを記事中程に載せていますのでどうぞ。

 

スポンサードリンク

 

試合後の感想としては・・・うーん・・って感じですね。。。

 

日本にとってはかなり痛いスコアレスドローに終わったわけですが、
やはり、世界レベルの相手にがっちり引かれて守られると、日本には
まだそれを打ち崩す力はないのかな・・って思いました。

 

前半で、ギリシャが一人退場して、人数的には
日本が有利になったはずなのですが・・・

完全に引かれてがっちり守りきられました。

 

ただ、今回の引き分けにしかできなかった原因としては、
日本代表の個々の選手のコンディションがいまいち上がりきっていない
と言うところにもあるのではないでしょうか。

 

ギリシャはフィジカルが強いとはいえ、
ほとんどの場面で完全に当たり負けしてましたしね。

それを、うまくかわせる選手が日本にはいなかったようです。

 

スポンサードリンク

 

 

強いて言えば、日本の内田に関しては
今回も調子は良さそうでした。

右サイドから決定的なチャンスもかなり作りかけていましたね。

 

でも、その他の日本の中心となる選手、
本田・香川・長友は本来の力の6割くらいしか
出ていないのではないでしょうか。

体が重そうだなというのがかなり見てとれました。

今までの日本には中盤で、当たり負けせずに
ボールキープできる本田や香川がいたからこそ
強かったわけなのですが、今大会では不調でしたね。

残念ながら・・・。

 

なんだかんだ言って、結局はやはりそこに原因があったと考えられます。

 

しかし、まだ完全に望みは絶たれたわけではないので、
最後のコロンビア戦もしっかり応援したいと思います。

 

ギリシャ頼みになってしまうところもありますが・・

 

日本代表のインタビューでのコメント

 

※若干、省略しています。

 

ザッケローニ監督 「チャンスはあったが、ものにできなかった。日本の持ち味をしっかり出せなかった。コロンビア戦も今まで通り勝ちに行く」
       
        

 

本田選手 「勝ち点3が取れなかったのが非常に悔しい。日本代表として最後まであきらめずに戦いたい。」

 

内田選手 「勝ちに行ったけど、点が取れずに悔しい。なかなか難しい試合だった。サッカーは結局最後のところが一番大事だと思った。」

 

大久保選手 「チャンスはあったので決めておきたかった。悔しいし申し訳ない。反省して挽回する。」

 

長友選手 「チャンスは作れていたが、得点できなかったのが悔しい。コロンビア戦では最後のパスとシュートの精度を高めていく必要がある」

 

日本のグループリーグ突破の可能性は?

 

日本のグループリーグ突破の可能性は、
まだ消えたわけではありません。

 

どうなれば、突破できるのでしょうか。

 

まず第一条件として、日本は次のコロンビア戦に
勝たなくてはなりません。

これは必須条件です。

 

 

そして、後はギリシャとコートジボワールの
結果次第ということになります。

 

ギリシャがコートジボワールに勝てば、
コロンビアと日本がグループリーグ突破です。

 

ギリシャとコートジボワールが引き分けであれば、
日本は2点差以上でコロンビアに勝つ必要があります。

 

ですから、実際には日本はコロンビア戦で、
背水の陣で2点差以上の勝ちを取りに行くしかないでしょう。

 

ちなみに、コートジボワールが勝利を収めた時点で、
日本の望みも消えてしまいます。

なので、ギリシャには今日と同じように
ガチガチに守ってもらいましょうw

 

もしギリシャが勝利した場合ですが、
得失点差で、ギリシャは現在マイナス3、
日本はマイナス1なので、日本が1‐0で
コロンビアに勝ったとしても、ギリシャは3-0以上で
勝つ必要があります。

なので、その場合は日本の進出の可能性は高くなります。

※ あくまで、日本がコロンビアに勝った場合の話です

 

とにかく、日本代表には最終戦で是非名誉挽回してほしいですね。

 

⇒ 良く見る赤と青のスパイクってどこの? 買えるの?